西本Wismettacホールディングス(9260)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(9月12日)から開始されます。

西本WismettacホールディングスIPOは、マネーフォワードIPOテックポイント・インクIPOとの3社同時上場なので、資金分散の影響は避けられないと思います。

また、西本WismettacホールディングスIPOは、値がさで規模が大きいという点でも需給面に不安を感じますね。

西本Wismettacホールディングス

西本Wismettacホールディングス(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名西本Wismettacホールディングス
コード9260
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
みずほ証券
極東証券
SBI証券
エース証券
カブドットコム証券
ライブスター証券
上場日9月29日
仮条件決定日9月11日(4,500円~5,250円に決定)
ブックビルディング期間9月12日から9月19日まで
公開価格決定日9月20日(4,750円に決定)
申込期間9月21日から9月26日まで
公募1,850,000株
売出し1,850,000株(国内:1,216,900株・海外:633,100株)
OA555,000株
吸収金額223.4億円
想定価格5,250円
初値価格4,465円

西本WismettacホールディングスIPOの事業内容

西本Wismettacグループは、連結子会社11社及び持分法適用関連会社2社で構成されており、アジア食グローバル事業農水産商社事業などを展開しています。

アジア食グローバル事業では、日本食を中心としたアジア食品・食材などを米国内、日本、中国、東南アジアなどから輸入し、米国及びカナダを中心に欧州、豪州及びアジア等の日本食を中心としたレストランや食料雑貨店に販売しています。

農水産商社事業では、生鮮青果、冷凍加工青果、水産物等を国内の卸売市場、量販店、外食・中食産業、食品メーカー等に対して輸入卸販売しています。

特に、生鮮青果においては、お馴染みのサンキスト・グロワーズ社の日本輸入総代理店となっています。

その他、アメニティーフード部門において海外食品や雑貨の輸入及びキャラクター商品の開発、製造、輸入販売なども行っています。

西本WismettacホールディングスIPOの業績

西本Wismettacホールディングスの業績

西本WismettacホールディングスIPOの業績は安定しているようですが、やや頭打ちという印象です。

西本WismettacホールディングスのIPO評価

西本Wismettacホールディングスは、東証1部への新規上場が濃厚だと思いますが、それでも規模(吸収金額223.4億円)の大きさが懸念材料です。

しかも、注目度の高いマネーフォワードIPOと規模が小さめのテックポイント・インクIPOとの同時上場なので、その中では一番不利だと思います。

よって、西本WismettacホールディングスのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。西本WismettacホールディングスIPOは、値がさ(想定価格5,250円)で資金分散の影響も一番大きそうなため、公開価格を割れる可能性が高いと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

西本WismettacホールディングスIPOのその他情報はこちら

西本WismettacホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

西本WismettacホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、これから新規上場するIPO銘柄の中でも、一番リスクが高そうなので、今のところ見送るつもりです。

ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込むつもりです。

西本WismettacホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB不参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
みずほ証券 BB不参加
極東証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
エース証券 口座なし
カブドットコム証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ