日宣(6543)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の1日から(7日まで)始まります。日宣IPOは、安江工務店IPOに続いて社名が漢字の企業ですね。

社名が漢字だとどうしても地味な印象を受けますが、単独上場で規模も小さいため、そこそこ期待出来そうです。日宣IPOはにほんブログ村でも、まずまずの評価を得ているようですね。

日宣

日宣(ジャスダックIPO)のIPO基本上場

銘柄名日宣
コード6543
主幹事証券大和証券
幹事証券SMBC日興証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
SBI証券
マネックス証券
上場日2月16日
仮条件決定日1月30日(1,540円~1,600円に決定)
ブックビルディング期間2月1日から2月7日まで
公開価格決定日2月8日(1,600円に決定)
申込期間2月9日から2月14日まで
公募200,000株
売出し50,000株
OA37,500株
吸収金額4.4億円
想定価格1,540円
初値価格3,000円


日宣IPO幹事のSMBC日興証券

日宣IPOの事業内容

日宣は、放送・通信業界、住まい・暮らし業界、医療・健康業界などに、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネットなど、様々なメディアを活用しながら、セールスプロポーションを提供している企業です。

特に、日宣が企画・開発し、発行している「チャンネルガイド」は、毎月160万部発行される、日本最大のケーブルテレビ番組情報誌なので、見かけたことがある方も多いと思います。

また、暮らし(ライフスタイル)業界に関しては、全国のホームセンター顧客向け無料情報誌「Pacoma」企画・発行しています。

さらに、医療・健康業界に関しては、ドラッグストア企業に対して、顧客向け無料情報誌「KiiTa」を企画・発行し、全国のドラッグストアに配布しています。

日宣IPOの業績

日宣の業績

(※画像クリックで拡大)

日宣の売上高は、なだらかにアップしており、利益も概ね安定していますね。

日宣のIPO評価

日宣IPOは、事業内容に目新しさは感じませんが、何と言っても小型(吸収金額4.4億円)なので、需給面で人気を集めそうです。

また、日宣IPOは単独上場で業績も悪くないため、それなりに期待出来そうです。

よって、日宣のIPO評価は、Bが妥当だと考えています。日宣IPOは、公開価格の1.5倍前後の初値が期待出来そうなので、積極的に参加しても良いと思います。


にほんブログ村

日宣IPOのその他情報はこちら

日宣IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

日宣IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨む予定です。主幹事の大和証券はもちろんのこと、ネット抽選組に人気のあるSMBC日興証券マネックス証券SBI証券にも期待しています。

日宣IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社