日宣(6543)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決定しています。日宣IPOは、上場市場がジャスダックスタンダードで社名も漢字のため、どうしても地味な印象を受けますが、スペック的には良い初値が期待出来そうです。

日宣

日宣IPOの過去記事

日宣IPOの初値予想

日宣IPOのBBスタンスとIPO評価

2017年一発目のIPOだったシャノン(3976)は、期待以上の初値を付け、今後のIPOに勢いをつけてくれました。⇒(IPO初値結果(2017年)

シャノンIPOの抽選には外れてしましましたが、日宣IPOも公開価格の1.5倍程度は狙えそうなので、この辺りで今年のIPO初当選といきたいところです。


にほんブログ村

日宣IPOのその他情報はこちら

日宣IPOの配分数(割当数)

日宣IPOのBB(ブックビルディング)は、本日(2月1日)から始まっています。日宣IPOはそれなりの利益が得られそうなので、各幹事証券の配分数(割当数)を参考にしながら、良く検討してみて下さい。

日宣IPOの配分数
幹事証券会社 配分数 配分比率 優先度
大和証券 (主幹事) 225,000株 90% A
SMBC日興証券 10,000株 4% C
いちよし証券 5,000株 2%
岩井コスモ証券 5,000株 2%
SBI証券 2,500株 1% C
マネックス証券 2,500株 1% B
合計 250,000株 100%


100%完全抽選のマネックス証券

日宣IPOでは、主幹事の大和証券が配分数(割当数)の90%を占めています。個人的には、昨年から相性が良いので、かなり期待しています。

平幹事では、100%完全抽選のマネックス証券が、配分比率は低くても抽選配分数が多そうです。また、SBI証券は抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので、必ず申し込みましょう。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社