ノムラシステムコーポレーション(3940)IPOの仮条件が決まりました。ノムラシステムコーポレーションIPOは、想定価格(920円)が安いので、あまり大きな利益は望めませんが、それでも十分に楽しめそうな雰囲気です。

また、ノムラシステムコーポレーションIPOは、単独上場という点も需給面で追い風になりそうですね。

ノムラシステムコーポレーション

ノムラシステムコーポレーションIPOの関連記事

ノムラシステムコーポレーションIPOのBBスタンスとIPO評価

ノムラシステムコーポレーションIPOの新規上場を承認

ノムラシステムコーポレーションIPOの仮条件

920円~960円

ノムラシステムコーポレーションIPOの仮条件は、想定価格(920円)を下限としたやや強めの設定になっています。

ノムラシステムコーポレーションIPOは、当初からまずまずの評価だったので、良い感じの仮条件だと思います。


↑ノムラシステムコーポレーションIPO幹事のSMBC日興証券↑

ノムラシステムコーポレーションIPOの初値予想

1,920円 (想定価格比:+1,000円)

(※大手予想会社の初値予想:1,500円~1,800円)

ノムラシステムコーポレーションIPOは、事業内容こそピンときませんが、規模(吸収金額5億円)が小さくて、想定価格も手が出しやすいうえに単独上場なので、初値が跳ねる要素は揃っています。

よって、ノムラシステムコーポレーションIPOは、想定価格の2倍程度を意識した、強い初値形成になると予想しています。


にほんブログ村

ノムラシステムコーポレーションIPOのその他初値予想はこちら

ノムラシステムコーポレーションIPOの幹事団

ノムラシステムコーポレーションIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SMBC日興証券
いちよし証券
SBI証券
岡三証券
エース証券
岩井コスモ証券
マネックス証券

ノムラシステムコーポレーションIPOで当選を目指すには、主幹事のみずほ証券を中心に、平幹事の中で配分数の多そうなSMBC日興証券と、IPO抽選組に人気のSBI証券は必ず申し込みたいところです。


↑SBI証券の公式サイト↑

10月には、超大型なJR九州IPOが新規上場する予定なので、今のうちに証券口座を増やしておくことをオススメします。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ