農業総合研究所(3541)IPOが、明日(16日)東証マザーズ市場へ新規上場します。本日新規上場したホープIPOアトラエIPOが、初日で初値を付けたため、単独上場出来ることになったのは良かったですね。

農業総合研究所

農業総合研究所IPO上場直前の初値予想

2,350円 (公開価格比:+1,300円)

(※大手予想会社の初値予想:2,100円~2,400円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:2,400円)

※主幹事証券会社の引受価格:966円

農業総合研究所IPO上場直前の初値予想は、当初の2,100円から2,350円に上方修正したいと思います。本日新規上場したホープIPOは公開価格1,400円に対して初値が3,220円、アトラエIPOは公開価格5,400円に対して初値が12,720円と、共に高い初値が付きました。

両銘柄とも初値値付かずとはいきませんでしたが、気配値上限を意識した初値形成でした。よって、農業総合研究所IPOも同様に気配値上限近辺で初値形成すると予想しています。


にほんブログ村

農業総合研究所IPOのその他初値予想はこちら

農業総合研究所IPO初値決定前の気配運用

気配上限値段は、公募価格比2.3倍の2,415円で、更新値幅は53円で更新時間10分になります。

気配下限値段は、公募価格比0.75倍の788円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、263円以上で4,200円以下となります。


本日新規上場したホープIPOとアトラエIPOは初値こそ良かったですが、その後は急速に値を下げる厳しい展開でした。特に、ホープIPOはS安で引けていますので、セカンダリーで参加する場合には要注意ですね。⇒(IPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株 ブログランキングへ