NO.1(3562)IPOのBB(ブックビルディング)が、本日(3月9日)から始まっています。

NO.1(3562)IPOは、当初からそれなりに評価されていましたが、IPOの地合いが良いこともあって、さらに評価が上がってきているようです。

また、NO.1(3562)IPOの主幹事はSBI証券ですが、IPOチャレンジポイントを使う価値があるかは微妙なところですね。

NO.1

NO.1(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名NO.1
コード3562
主幹事証券SBI証券
幹事証券SMBC日興証券
岩井コスモ証券
岡三証券
藍澤證券
エイチ・エス証券
エース証券
極東証券
東洋証券
水戸証券
上場日3月28日
仮条件決定日3月7日(1,450円~1,570円に決定)
ブックビルディング期間3月9日から3月15日まで
公開価格決定日3月16日(1,570円に決定)
申込期間3月21日から3月24日まで
公募220,000株
売出し220,000株
OA66,000株
吸収金額7.4億円
想定価格1,470円
初値価格3,460円


NO.1(3562)IPO主幹事のSBI証券

NO.1(3562)IPOの事業内容

NO.1は、社名からも分かるように、「皆様のNO.1ビジネスパートナー」という経営ビジョンのもと、オフィスコンサルタント事業システムサポート事業を主な事業として展開しています。

オフィスコンサルタント事業では、中小企業や個人事業主に対して、OA関連商品及び情報セキュリティ機器の販売を行っています。

システムサポート事業では、各サービス拠点に「テクニカルコンシェルジュ」というサービスマンを配置し、NO.1及び子会社で販売した機器の保守・メンテナンス等を行っています。

さらに、NO.1はアスクル株式会社の代理店として、オフィス関連商品の注文販売業務を行うことで、顧客が事業に専念できる環境作りの支援も行っています。

NO.1(3562)IPOの業績

NO.1の業績

(※画像クリックで拡大)

NO.1(3562)IPOの業績は、概ね順調に推移していて、特に問題はなさそうです。

NO.1のIPO評価

NO.1の事業内容は新鮮味に欠けますが、情報セキュリティ機器も販売しているので、セキュリティ関連として注目される可能性はあります。

また、NO.1はジャスダックIPOですが、規模(吸収金額7.4億円)が小さいため、需給面で人気を集めそうです。さらに、IPOの地合いが絶好調なのも好材料です。

よって、NO.1のIPO評価は、Bが妥当だと考えています。NO.1(3562)IPOは小型で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、公開価格の1.5倍以上の初値が狙えそうです。


にほんブログ村

NO.1(3562)IPOのその他情報はこちら

NO.1(3562)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

NO.1(3562)IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。ただ、主幹事のSBI証券でIPOチャレンジポイントを使うかは、とても悩ましくて迷っています。

その他、SMBC日興証券岩井コスモ証券など、申し込める証券会社全てに申し込んで、微かな希望を託したいと思います。

NO.1(3562)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
岡三証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
エイチ・エス証券 BB参加
エース証券 口座なし
極東証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
水戸証券 口座なし


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社