大江戸温泉リート投資法人(3472)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の8月16日から(19日まで)開始されます。

REIT(リート)IPOはこのところ不調ですが、温泉という目新しさと大江戸温泉物語グループというネームバリューは強みですね。

大江戸温泉リート投資法人

大江戸温泉リート投資法人(東証リートIPO)のIPO基本情報

銘柄名大江戸温泉リート投資法人
コード3472
主幹事証券野村証券
SMBC日興証券
幹事証券
上場日8月31日
仮条件決定日8月15日(90,000円~93,000円に決定)
ブックビルディング期間8月16日から8月19日まで
公開価格決定日8月22日(93,000円に決定)
申込期間8月23日から8月26日まで
公募174,200口
売出し0口
OA8,710口
吸収金額182.9億円
想定価格100,000円

大江戸温泉リート投資法人IPOの事業内容

大江戸温泉リート投資法人IPOは、日本で初めて温泉・温浴関連施設を重点的な投資対象とし、投資主価値の継続的かつ安定的な向上を目指しています。

また、大江戸温泉リート投資法人IPOは、大江戸モデルという事業ノウハウを有する大江戸温泉物語グループからのスポンサーサポートを最大限に活用しながら、相互成長を目指しています。

ちなみに、大江戸モデルとは、効率的なオペレーション、集客を最大化するマーケティング、顧客目線のサービスなどが、主な特徴として挙げられます。

大江戸温泉リート投資法人のポートフォリオ

(※画像クリックで拡大)

大江戸温泉リート投資法人IPOの平均鑑定NOI利回り7.0%(平均償却後鑑定NOI利回り5.1%)というのは、可もなく不可もなくといったところです。

ちなみに、NOI利回りとは不動産物件の収益力の指標で、数値が高いほど収益率も高くなります。

大江戸温泉リート投資法人のIPO評価

大江戸温泉リート投資法人IPOは、スポンサーが大江戸温泉物語グループという点で知名度抜群です。また、日本で初めて投資対象が温泉施設という点を初物と捉えれば、プラス要素になりそうです。

しかし、大江戸温泉リート投資法人IPOはデファクトスタンダードIPOとの同時上場なので、資金分散の影響を受けるかもしれません。

よって、大江戸温泉リート投資法人のIPOはCが妥当だと考えています。大江戸温泉リート投資法人IPOは、いまのところ公開価格を若干上回る初値が付きそうです。

ただ、REIT(リート)IPOは初値が高騰する可能性は低いので、その点を頭に入れて参加する必要があります。⇒(REIT(リート)IPOとは?


にほんブログ村

大江戸温泉リート投資法人IPOのその他情報はこちら

大江戸温泉リート投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

大江戸温泉リート投資法人IPOのBB(ブックビルディング)は、ネットから申し込めるのがSMBC日興証券だけなので、とりあえず参加する予定です。

大江戸温泉リート投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村証券 (主幹事) ネット申込み不可
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加

SMBC日興証券は、ネットからリートIPOにも申し込めるので、IPO投資には欠かせない証券会社です。


↑SMBC日興証券の公式サイト↑


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

9月以降のIPOが続々と新規承認され始めたので、早めに口座開設してIPO後半戦に備えましょう。

IPOにオススメの証券会社