オプトラン(6235)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の12月5日から開始されます。オプトランIPOは規模(吸収金額120.9億円)が大きく、同じく大型な森六ホールディングスIPO(吸収金額102.1億円)との同時上場なので、需給面に不安があります。

また、翌日にも大型なプレミアグループIPO(吸収金額125.8億円)が控えているため、資金分散の影響も大きそうです。

オプトラン

オプトラン(東証1部IPO)IPOの基本情報

銘柄名オプトラン
コード6235
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
野村證券
むさし証券
岡三証券
SBI証券
カブドットコム証券
岡三オンライン証券
上場日12月20日
仮条件決定日12月1日(1,420円~1,460円に決定)
ブックビルディング期間12月5日から12月11日まで
公開価格決定日12月12日(1,460円に決定)
申込期間12月13日から12月18日まで
公募4,200,000株
売出し3,000,000株
OA1,080,000株
吸収金額120.9億円
想定価格1,460円
初値価格2,436円

オプトランIPOの事業内容

オプトランは、「オプトナノテクノロジーによる光学薄膜成膜のプロセスソリューション提供」を事業コンセプトに掲げ、光学部品等の表面に各種機能膜を成膜(コーティング)する光学薄膜装置の製造及び販売を行っています。

光学薄膜とは、レンズ等の各種光学部品の表面にコーティングを施し、コーティングの材料により異なる機能を持たせることで、デジタルカメラやプロジェクター等の一般光学部品、スマートフォンやタブレット等のタッチパネル、LED照明、車載カメラ、人体・生物認証センサ等に用いられています。

オプトランは、IoT関連で市場の成長が期待される生体認証、車載、VR/AR(仮想現実/拡張現実)、半導体光学融合などにも取り組み、高度成膜技術を応用しながら、事業領域の拡大を図っています。

オプトランIPOの業績

オプトランの業績

(※画像クリックで拡大)

オプトランIPOの業績は急激に伸びているので、今後の成長性も期待出来そうです。

オプトランのIPO評価

オプトランは規模(吸収金額120.9億円)が大きく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多い点が懸念材料です。

また、吸収金額が100億円を超える大型IPOの新規上場が続くというスケジュールも、資金の分散を招くために警戒されそうです。

よって、オプトランのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。オプトランは業績好調で、光学薄膜技術にも成長性を感じますが、やはり需給面に不安があるため、公開価格を目安に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

オプトランIPOのその他情報はこちら

オプトランIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

オプトランIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただ、SBI証券は落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるので申込み必須ですね。

オプトランIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB検討中
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB検討中
みずほ証券 BB検討中
野村證券 BB検討中
むさし証券 BB検討中
岡三証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
カブドットコム証券 BB検討中
岡三オンライン証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ