オロ(3983)IPOの新規上場が承認されました。オロIPOは、3月24日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

オロIPOの主幹事は、またしても野村證券です。3月のIPOでは、野村證券の主幹事銘柄が多いですね。3月15日から24日まで7営業日連続の新規上場になるので、銘柄の取捨選択が重要になりそうです。

オロ

オロ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名オロ
コード3983
主幹事証券野村證券
幹事証券極東証券
SMBCフレンド証券
松井証券
マネックス証券
SBI証券
上場日3月24日
仮条件決定日3月6日(1,930円~2,070円に決定)
ブックビルディング期間3月7日から3月13日まで
公開価格決定日3月14日(2,070円に決定)
申込期間3月15日から3月21日まで
公募1,000,000株
売出し0株
OA150,000株
吸収金額22.2億円
想定価格1,930円
初値価格4,750円

オロIPOの概要

オロIPOは、クラウドサービスにより提供されるERPパッケージソフトウェア「ZAC Enterprise」及び「Reforma PSA」の開発・提供を手掛けている企業です。

その他、オロIPOはWEBを活用した企業向けシステムソリューションや企業向けITインフラソリューション等の提供も行っています。

ちなみに、ERP(Enterprise Resouce Planning)とは、企業全体を経営資源の有効活用の観点から統合的に管理し、経営の効率化を図るための手法・概念のことです。

また、PAS(Professional Services Automation)とは、IT・コンサルタント・クリエイターなど、プロジェクトを中心とした知的サービスの事業者を支援するソリューション(ソフトウェア)のことを指します。

オロIPOは、やや規模(吸収金額22.2億円)が大きめですが、IT系のマザーズIPOなので、それなりの人気を集めそうです。


にほんブログ村

オロIPOのその他情報はこちら

オロIPOの主幹事は野村證券で、平幹事には抽選配分数が多めのマネックス証券SBI証券が名を連ねています。


マネックス証券の公式サイト

また、IPOで穴場の松井証券も幹事団入りしているので要チェックです。


松井証券の公式サイト

オロIPOの初値予想

オロIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月6日以降)に追記させていただきます。

3,000円⇒3,730円 (公開価格比:+1,660円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,930円~2,200円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,200円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:2,700円~3,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング