大阪油化工業(4124)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の9月19日から開始されます。大阪油化工業IPOは、ウェルビーMS&Consultingとの3社同時上場なので、資金分散の影響が懸念されます。

また、大阪油化工業IPOは規模(吸収金額11.2億円)こそさほど大きくありませんが、ジャスダックの地味めな銘柄なので、注目度も低そうですね。

大阪油化工業

大阪油化工業(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名大阪油化工業
コード4124
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)大和証券
SMBC日興証券
SBI証券
上場日10月5日
仮条件決定日9月15日(1,830円~1,860円に決定)
ブックビルディング期間9月19日から9月25日まで
公開価格決定日9月26日(1,860円に決定)
申込期間9月27日から10月2日まで
公募270,000株
売出し260,000株
OA79,500株
吸収金額11.2億円
想定価格1,830円
初値価格初値決定後に追記

大阪油化工業IPOの事業内容

大阪油化工業は、化学物質のわずかな沸点の差を利用して、混合物から目的とする物質を分離・精製する精密蒸留を主な事業としています。

大阪油化工業は、顧客の研究開発部門の支援を行うサービスである「研究開発支援」、基礎研究段階からスケールアップした蒸留等の中・大型の蒸留装置による製造規模の蒸留及びそれに付随するサービスである「受託加工」、顧客が自社で蒸留を行うための支援サービスである「プラントサービス」などを提供しています。

大阪油化工業IPOの業績

大阪油化工業の業績

(※画像クリックで拡大)

大阪油化工業IPOの売上は横ばいですが、利益は順調に伸びています。

大阪油化工業のIPO評価

大阪油化工業は、上場市場がジャスダックで、事業内容もIPOで不人気の化学セクターということから、やや魅力に欠ける印象です。

ただ、吸収金額(11.2億円)はそれほど大きくないため、需給面で一定の評価を得られると思います。

よって、大阪油化工業のIPO評価は、Dが妥当だと考えています。大阪油化工業IPOは、全体的に地味でこれといった長所も見当たらないため、公開価格付近で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

大阪油化工業IPOのその他情報はこちら

大阪油化工業IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

大阪油化工業IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。大阪油化工業IPOは、それほど規模(吸収金額11.2億円)が大きくないので、大崩れはしないと思いますが、それでもあえて参加する必要はないと考えています。

ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込むつもりです。

大阪油化工業IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB不参加
大和証券 BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
SBI証券 BB参加

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株 ブログランキングへ