フェニックスバイオ(6190)IPOのBB(ブックビルディング)が明後日の3月3日から(3月9日まで)スタートします。フェニックスバイオは、これまで何度も繰り返してきましたが、3月18日6社同時上場の一角を占めるIPO銘柄なので、やはり同時上場による資金分散が懸念材料です。

フェニックスバイオは、名前からも分かると通りバイオ系のIPO銘柄なので、どうしてもイメージが悪くなりがちですが、経営状況はまずまずのようです。

フェニックスバイオ

フェニックスバイオ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名フェニックスバイオ
コード6190
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券野村証券
藍澤証券
中銀証券
ひろぎんウツミ屋証券
SBI証券
上場日3月18日
仮条件決定日3月2日(1,800円~2,400円に決定)
ブックビルディング期間3月3日から3月9日まで
公募価格決定日3月10日(2,400円に決定)
公募300,000株
売出し110,000株
OA61,500株
吸収金額11,.3億円
想定価格2,400円

フェニックスバイオIPOの事業内容

フェニックスバイオは、マウスの肝臓の70%以上がヒトの肝細胞に置き換えられた「PXBマウス=ヒト肝細胞キメラマウス」を作製する技術を持ち、このヒト肝細胞キメラマウス(PXBマウス)を用いて、医薬品開発における創薬過程のうち、主に前臨床過程において様々なサービスを展開している企業です。

また、「PXBマウス」は、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスなど、ヒトの肝細胞にしか感染しないウイルスを研究するツールとなることも立証されており、抗ウイルス薬の開発にも利用されています。

フェニックスバイオの業績

(※画像クリックで拡大)

バイオ系IPOと聞くとすぐに赤字と思いがちですが、フェニックスバイオは意外にもしっかりと黒字計上しています。2016年3月期も売上高11.8億円(前期比:+34.4%)で経常利益1.6億円(前期比:+155.3%)と増収増益の見通しです。

フェニックスバイオのIPO評価

フェニックスバイオIPOは、バイオ系というだけで印象が悪くなりがちですが、経営状況は良好で吸収金額も11.3億円(想定価格ベース)とそれほど大きくはありません。

しかし、フェニックスバイオは、同時上場する他のIPO銘柄を凌ぐほどの優位性は見当たらないため、残念ながら厳しい上場になりそうです。

よって、フェニックスバイオのIPO評価はCが妥当だと考えています。フェニックスバイオIPOは、公募価格を意識した初値形成になりそうで、需給面から公募価格を若干上回る初値が付きそうです。ただし、6社同時上場の影響で公募価格を割れる可能性も否めませんので、今後の状況を見ながら慎重に判断する必要があると思います。

フェニックスバイオIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

フェニックスバイオIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ未定ですが、もちろんSBI証券だけはポイント狙いで必ずBBします。

フェニックスバイオIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB未定
野村証券 BB未定
藍澤証券 口座無し
中銀証券 口座無し
ひろぎんウツミ屋証券 口座無し
SBI証券 BB申し込み

SBI証券は、3月31日に新規上場予定のPR TIMES(3922)とエボラブルアジア(6191)で主幹事を務めていますので、口座をお持ちでない方はお早目の口座開設をオススメします。


にほんブログ村

フェニックスバイオIPOのその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ