PKSHA Technology(3993)IPOの仮条件が決定しています。PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOは、トヨタ自動車が10億円程度出資すると報じられたことにより、大手企業も注目するAI(人工知能)関連のベンチャー企業として、注目度が急上昇しています。

ちなみに、PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOは公募株数の削減も発表しており、公募株数は2,570,400株から2,074,000株へ、OA(オーバーアロットメント)は385,500株から311,100株へ変更されています。

PKSHA Technology

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOの関連記事

PKSHA Technology(3993)IPOのBBスタンスとIPO評価!

岡三オンライン証券がPKSHA TechnologyのIPO幹事入り!

PKSHA TechnologyのIPO新規上場を承認!日興主幹事!

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOの仮条件

1,700円~2,400円

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOの仮条件は、想定価格の1,690円より大幅に上振れたレンジになっています。

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOは次第に評価が高まっていましたが、まさかここまでの超強気な仮条件になるとは思いませんでした。

それだけ機関投資家の評価も高いということでしょうが、やや旨みが減ってしまった感じもします。超強気な仮条件については、にほんブログ村でも様々な意見が飛び交っていますね。

ちなみに、PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOは公募株数を削減していますが、それでも公開価格が仮条件の上限(2,400円)で決まった場合、吸収金額は57.2億円になるので、当初の49.9億円と大差ないですね。


SMBC日興証券のIPOルール

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOの初値予想

3,600円 (想定価格比:+1,910円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,500円~3,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,400円~4,000円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:4,300円~5,000円)

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOは、評価が急上昇したり、超強気の仮条件になったり、公募株数を削減したりと、何かと変化が激しくて予想が難しいですね。

AI(人工知能)関連の事業内容は、トヨタ自動車が目を付けるほどなので注目度抜群です。ただ、規模が大きくて仮条件も大幅に上振れしたため、やや上値が抑えられそう気配なので、公開価格の1.5倍程度で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOのその他初値予想はこちら

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOの幹事団

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 SBI証券
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
岡三証券
極東証券
マネックス証券
岡三オンライン証券

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOは比較的当選枚数が多いので、主幹事のSMBC日興証券は当選への期待度も高まります。また、平幹事のマネックス証券SBI証券も外せませんね。


マネックス証券のIPOルール

さらに、IPOの取扱銘柄数が増加中で前受金不要の岡三オンライン証券も要注目です。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング