PKSHA Technology(3993)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(9月6日)から始まります。PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)は、AI(人工知能)関連のマザーズIPOとして、日増しに評価がアップしています。

また、PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)は規模(吸収金額49.9億円)が大きいだけに当選枚数も多いので、当選への期待度も高まりますね。

PKSHA Technology

PKSHA Technology(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名PKSHA Technology
コード3993
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
岡三証券
極東証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
上場日9月22日
仮条件決定日9月5日(1,700円~2,400円に決定)
ブックビルディング期間9月6日から9月12日まで
公開価格決定日9月13日(2,400円に決定)
申込期間9月14日から9月20日まで
公募2,570,400株2,074,000株
売出し0株
OA385,500株311,100株
吸収金額49.9億円40.3億円 (※想定価格ベース)
想定価格1,690円
初値価格5,480円

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOの事業内容

PKSHA Technologyは、「未来のソフトウエアを形にする」をコーポレートミッションに掲げ、自社で開発したアルゴリズムモジュールを用いたアルゴリズムライセンス事業を展開しています。

アルゴリズムライセンス事業では、機械学習技術自然言語処理技術深層学習技術を中心にアルゴリズムモジュールを複数開発し、顧客企業の業務の半自動化・自動化を通じた業務効率化、またはサービス・製品の付加価値の向上、サービス自体のモデル革新の実現を支援しています。

また、PKSHA Technologyはアルゴリズムモジュールを組み合わせたアルゴリズムソフトウェアの販売も行っています。

アルゴリズムソフトウェアとしては、日本語に特化した強力なAI(人工知能)を搭載した汎用型対話エンジン「BEDORE(ベドア) 」、機械学習を用いたCRMソリューション「CELLOR(セラー) 」、深層学習技術(ディープラーニング)を用いた画像認識エンジン「PKSHA Vertical Vision」などを提供しています。

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOの業績

PKSHA Technologyの業績

(※画像クリックで拡大)

PKSHA Technologyの業績は急激に伸びていて、今後の成長も期待出来そうです。ちなみに、売上高の20.9%がNTTドコモ、11.3%がリクルートホールディングス、10.2%が電通となっています。

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)のIPO評価

PKSHA TechnologyはIPO向きの事業内容で、AI(人工知能)深層学習(ディープラーニング)自動運転といったテーマ性もあるため、注目度は高そうです。

また、トヨタ自動車が10億円程度出資するというニュースも追い風になりそうです。

トヨタ自動車は人工知能(AI)ベンチャー企業のPKSHA Technology(パークシャ テクノロジー、東京・文京)に出資する。

出資額は10億円程度で、全体の4%前後の株式を持つ株主になる。パークシャはAI分野の最先端の技術を持つ。自動運転やコネクテッドカー(つながる車)などの研究開発で連携を深める。

PKSHA Technologyは、規模(吸収金額49.9億円)の大きさがネックですが、その分当選しやすいとも言えるので、狙い目なIPOだと思います。

よって、PKSHA TechnologyのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。PKSHA Technologyは、小型なら初日値付かずも想定されるスペックなので、規模が大きくても公開価格を大きく上回る初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOのその他情報はこちら

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込みます。

主幹事のSMBC日興証券は、毎年IPOに当選しているので、個人的にはかなり期待しています。

また、PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOは比較的当選枚数が多めなので、平幹事のSBI証券マネックス証券もチャンスがありそうです。

その他、IPOに力を入れつつある岡三オンライン証券も前受金不要なので、必ず申し込みたいと思います。

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
大和証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
岡三証券 BB参加
極東証券 口座なし
マネックス証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ