プレミアグループ(7199)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(12月5日)からスタートします。プレミアグループIPOは、上場市場が東証2部で、規模(吸収金額125.8億円)も大きいため、かなり厳しそうな雰囲気です。

また、プレミアグループはIPOラッシュ終盤での新規上場なので、資金の分散だけでなく買い疲れの影響も受けそうです。

プレミアグループ

プレミアグループ(東証2部IPO)IPOの基本情報

銘柄名プレミアグループ
コード7199
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)大和証券
SMBC日興証券
SBI証券
いちよし証券
岡三証券
極東証券
東海東京証券
マネックス証券
みずほ証券
岡三オンライン証券
上場日12月21日
仮条件決定日12月4日(2,260円~2,320円に決定)
ブックビルディング期間12月5日から12月11日まで
公開価格決定日12月12日(2,320円に決定)
申込期間12月13日から12月18日まで
公募60,000株
売出し4,780,000株
OA726,000株
吸収金額125.8億円
想定価格2,260円
初値価格2,220円

プレミアグループIPOの事業内容

プレミアグループは、オートクレジットを中心とした「クレジット事業」をはじめ、「ワランティ(自動車保証)事業」「その他事業(整備事業)」「その他事業(海外事業)」などを展開しています。

特に、プレミアグループは中古車小売店を中心としたオート取引先に対して、「オートクレジット」、「自動車ワランティ」、「整備サービス」、「鈑金サービス」、「新車仲介販売」、「オートコンシェルジュサービス」の複数サービスを提供し、継続的な取引関係の構築を目指しています。

プレミアグループIPOの業績

プレミアグループの業績

(※画像クリックで拡大)

プレミアグループIPOの業績は3期分しかありませんが、今のところ堅調に推移しているようです。

プレミアグループのIPO評価

プレミアグループは、東証2部とはいえ規模(吸収金額125.8億円)の大きさが懸念されます。また、公募株の約80倍という売出株(4,780,000株)の多さも、投資ファンドの出口案件に見えてしまうために警戒されると思います。

よって、プレミアグループのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。プレミアグループIPOは、事業内容や業績に特段の問題はありませんが、規模の大きさと売出株の多さを考えると、初値が公開価格を割れる可能性もありそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

プレミアグループIPOのその他情報はこちら

プレミアグループIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

プレミアグループIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込もうと思います。

プレミアグループIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB不参加
大和証券 BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
いちよし証券 BB不参加
岡三証券 BB不参加
極東証券 口座なし
東海東京証券 BB不参加
マネックス証券 BB不参加
みずほ証券 BB不参加
岡三オンライン証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ