ラクスル(4384)IPOの新規上場が承認されました。ラクスルIPOは、5月31日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定になっています。

ラクスルIPOは、新規上場しそうな銘柄としてよく取り上げられていたので、チェックされていた方も多いと思います。5月はIPOの新規上場がなさそうだったので、1社でも新規承認されて良かったですね。

ラクスル

ラクスル(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ラクスル
コード4384
主幹事証券大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
SMBC日興証券
マネックス証券
カブドットコム証券
上場日5月31日
仮条件決定日5月15日(1,300円~1,500円に決定)
ブックビルディング期間5月16日から5月22日まで
公開価格決定日5月23日(1,500円に決定)
申込期間5月24日から5月29日まで
公募2,500,000株
売出し8,449,900株
OA1,642,100株
吸収金額176.3億円
時価総額385.2億円
想定価格1,400円→公開価格:1,500円
初値価格初値決定後に追記


ラクスルIPO幹事のSBI証券

ラクスルIPOの概要

ラクスルIPOは、革新的なクラウド型ネット印刷「ラクスル」を中心とした印刷事業と、革新的なネット運送サービス「ハコベル」を中心とした運送事業などを展開しています。

ラクスルIPOは以前から新規上場候補として名前が挙がっており、運営しているネット印刷の「ラクスル」も知名度が高いため、かなり注目されると思います。

ただ、ラクスルIPOはマザーズにしては規模(吸収金額176.3億円)が大きく、売上好調も利益は赤字なので、慎重に判断する必要がありそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ラクスルIPOのその他情報はこちら

ラクスルIPOにネットから申し込める注目の幹事証券

ラクスルIPOの幹事団には、IPOチャレンジポイントでも当選が狙えるSBI証券と、HEROZやベストワンドットコムで主幹事を務めていたSMBC日興証券が名を連ねています。


SMBC日興証券のIPOルール


また、マネックス証券は100%完全抽選なので、ラクスルような大型IPOでは当選への期待度も高まります。


マネックス証券のIPOルール


さらに、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同主幹事を務めているので、同グループのカブドットコム証券が委託幹事入りした場合は、穴場になるかもしれません。←正式に決定しました!

ラクスルIPOの初値予想

ラクスルIPOの初値予想は、仮条件決定後(5月15日以降)に追記させていただきます。

1,550円 (想定価格比:+150円)

(※大手予想会社の初値予想:1,500円~1,700円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング