レノバ(9519)IPOの配分数(割当数)が決定しています。レノバIPOは、当選枚数が比較的多いので、期待している方も多いと思います。

私は今年のIPOに一度も当選していないので、レノバIPOでの初当選を願っています。

レノバ

レノバIPOは、フュージョンIPOとユナイテッド&コレクティブIPOとの同時上場ですが、どの銘柄もそれなりの人気を集めているようなので、上場日(2月23日)が楽しみですね。

レノバIPOの配分数(割当数)

レノバIPOのBB(ブックビルディング)は、2月14日までです。(証券会社によって締切日時が微妙に異なるので注意して下さい)

私は既にBB(ブックビルディング)を済ませましたが、まだの方は各幹事証券の配分数(割当数)を参考にしながら、早めにBB(ブックビルディング)して下さい。

レノバIPOの配分数
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
大和証券 (主幹事) 1,028,500株 85% 1,542枚 A
みずほ証券 48,400株 4% 48枚 C
SMBC日興証券 48,400株 4% 48枚 C
東洋証券 36,300株 3% 48枚
SBI証券 12,100株 1% 54枚 C
マネックス証券 12,100株 1% 121枚 B
いちよし証券 12,100株 1% 12枚
極東証券 12,100株 1% 12枚
合計 1,210,000株 100% 1,885枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。


にほんブログ村

レノバIPOのその他情報はこちら

主幹事の大和証券は、配分数(割当数)の85%を占めていて、当選枚数も多めなので、かなり期待出来そうです。

平幹事では、比較的抽選配分数の多いマネックス証券を中心に、SBI証券SMBC日興証券も押さえておくのがベストだと思います。


マネックス証券のIPOルール


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社