RPAホールディングス(6572)IPOの新規上場が承認されました。RPAホールディングスIPOは、3月27日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定になっています。

RPAホールディングスIPOの主幹事はSBI証券なので、にほんブログ村などでIPOチャレンジポイントの当選ラインや当選配分数について、大いに盛り上がりそうです。

RPAホールディングス

RPAホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名RPAホールディングス
コード6572
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)大和証券
SMBC日興証券
エース証券
マネックス証券
岡三証券
極東証券
藍澤證券
東洋証券
岩井コスモ証券
岡三オンライン証券
ライブスター証券
上場日3月27日
仮条件決定日3月6日(3,370円~3,570円に決定)
ブックビルディング期間3月8日から3月14日まで
公開価格決定日3月15日(3,570円に決定)
申込期間3月19日から3月23日まで
公募50,000株
売出し550,000株
OA0株
吸収金額19.2億円
時価総額165.4億円
想定価格3,200円→公開価格:3,570円
初値価格14,280円


RPAホールディングスIPO主幹事のSBI証券

RPAホールディングスIPOの概要

RPAホールディングスIPOは、連結子会社5社において、ロボットアウトソーシング事業アドネットワーク事業セールスアウトソーシング事業コンサルティング事業を展開しています。

ちなみに、RPA(Robotic Process Automation)とは機械学習や人工知能など認知技術を活用したホワイトカラーの業務の効率化の取り組みであり、仮想知的労働者(デジタルレイバー)の導入を意味しています。

RPAホールディングスIPOは、SBI証券が今年初めて主幹事を務める銘柄として注目されそうです。

また、RPAホールディングスIPOはAI(人工知能)というテーマ性でも関心を集めるかもしれません。

ただ、RPAホールディングスはそこそこの規模(吸収金額19.2億円)で、売出株が公募株の10倍以上という点は少し気になります。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

RPAホールディングスIPOのその他情報はこちら

注目の幹事証券

RPAホールディングスIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙うことも可能です。


SBI証券のIPOチャレンジポイント解説


また、IPO幹事常連のSMBC日興証券マネックス証券も幹事団入りしています。


さらに、岡三証券も幹事団入りしているので、岡三オンライン証券が委託幹事入りする可能性も高そうです。←正式に決定しました!


当サイトでタイアップキャンペーンを実施中!

RPAホールディングスIPOの初値予想

RPAホールディングスIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月6日以降)に追記させていただきます。

10,000円 (想定価格比:+6,800円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:6,800円~7,800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:7,200円~8,200円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング