エスキュービズム(3982)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(3月3日)から開始されます。エスキュービズムIPOは、フルテックIPOマクロミルIPOとの3社同時上場ですが、その中では間違いなく一番人気だと思います。

ただ、前日に新規上場するインターネットインフィニティーIPO力の源ホールディングス(一風堂)IPOも人気があり、どちらかが初日値付かずになると、4社同時上場になってしまいます。

いずれにしても、IPOラッシュ真っ只中での新規上場なので、他の銘柄の動きにも注意が必要ですね。

※残念ながら上場延期です。

エスキュービズム

エスキュービズム(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名エスキュービズム
コード3982
主幹事証券みずほ証券
幹事証券SBI証券
SMBC日興証券
大和証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
上場日3月22日
仮条件決定日3月1日(1,150円~1,250円に決定)
ブックビルディング期間3月3日から3月9日まで
公開価格決定日3月10日
申込期間3月13日から3月16日まで
公募100,000株
売出し250,000株
OA52,500株
吸収金額5億円
想定価格1,250円
初値価格上場延期になりました


エスキュービズムIPO幹事のSBI証券

エスキュービズムIPOの事業内容

エスキュービズムは、「いまある課題に、まだない技術を。」を事業方針としながら、IoTインテグレーション事業、EC・オムニチャネルパッケージ事業、店舗運営支援アプリケーション事業、アプライアンス事業、流通事業などを行っている企業です。

IoTインテグレーション事業では、駐車場の満空情報をスマホでリアルタイムに検索、予約、決済ができる「ecopa」、いつでもどこでも荷物を受け取れる「スマート宅配BOX」、ホテルの鍵の解錠、施錠をアプリから行える「スマートホテルキー」など、様々なIoTソリューションを提供しています。

また、EC・オムニチャネルパッケージ事業では、オムニチャネル構築パッケージ「Orange omni」や、いまあるウェブサイトのURLを入れるだけで、だれでも更新・運用ができるCMSに変換できるCMSパッケージ「AKAMON」などを提供しています。

さらに、エスキュービズムは、世の中に必要とされる家電製品の製造販売や、ITを駆使して流通の無駄を省いた自動車販売(流通)事業なども行っています。

エスキュービズムIPOの業績

エスキュービズムの業績

(※画像クリックで拡大)

エスキュービズムIPOの業績は好調に推移しており、今後にも期待出来そうです。

エスキュービズムのIPO評価

エスキュービズムは、IoTというテーマ性があり、業績も好調そうなので、間違いなく人気化しそうです。

また、エスキュービズムは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株がやや気になりますが、小型(吸収金額5億円)で当選枚数も少ないため、需給面も概ね良好だと思います。

よって、エスキュービズムのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。エスキュービズムIPOは、初日値付かずも想定される強い初値形成になりそうです。


にほんブログ村

エスキュービズムIPOのその他情報はこちら

エスキュービズムIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

エスキュービズムIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込む予定です。主幹事のみずほ証券は、あまり相性が良くありませんが、ここで当選を引き当てて、相性の悪さを克服したいと願っています。

また、幹事団には、SMBC日興証券マネックス証券SBI証券など、IPOでお馴染みの証券会社が名を連ねているので、全てにBB(ブックビルディング)して、少しでも当選のチャンスを増やしたいと思います。

エスキュービズムIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
大和証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング