さくら総合リート投資法人(3473)IPOの新規上場が承認されました。IPOの新規承認は嬉しいですが、またしてもREIT(リート)IPOです。早く通常のIPOも新規承認されて欲しいですね。

REIT(リート)IPOは、通常のIPOとは異なるので、初心者の方は注意して下さい。

さくら総合リート投資法人

さくら総合リート投資法人(東証リートIPO)のIPO情報

銘柄名さくら総合リート投資法人
コード3473
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券みずほ証券
大和証券
上場日9月8日
仮条件決定日8月24日(91,000円~92,000円に決定)
ブックビルディング期間8月25日から8月30日まで
公開価格決定日8月31日(91,000円に決定)
申込期間9月1日から9月6日まで
公募332,000口
売出し0口
OA10,400口
吸収金額342.4億円
想定価格100,000円

さくら総合リート投資法人IPOの概要

さくら総合リート投資法人は、総合REIT(不動産投資法人)としての特性を生かして、不動産をめぐる投資環境に応じて最適なポートフォリオを構築し、キャッシュフローの成長性及び安定性を同時に追求することにより、中長期にわたる安定収益を確保し、投資主価値の最大化を図ることを目指しています。

また、さくら総合リート投資法人は、豊富な運用実績を有する豪州の独立系不動産・ファンド運用グループ「ガリレオ」及び、50年超えの歴史を誇る日本の建物管理運営会社「日本管財株式会社」とスポンサー契約を結び、外部成長及び内部成長に関する幅広いサポートを受けています。

さくら総合リート投資法人は、リートIPOとしてはそれほど大きな規模(想定価格ベースで吸収金額342.4億円)ではありませんね。最近の傾向としては、規模よりもスポンサー力をどう判断するかが重要だと思います。

さくら総合リート投資法人IPOの主幹事は、大江戸温泉リート投資法人IPOでも共同主幹事を務めているSMBC日興証券です。

SMBC日興証券は、ネットからリートIPOに申し込める数少ない証券会社なので、リートIPOには欠かせないですね。⇒(SMBC日興証券のIPOルール


↑SMBC日興証券の公式サイト↑

さくら総合リート投資法人IPOの初値予想

さくら総合リート投資法人IPOの初値予想は、仮条件決定後(8月24日以降)に追記させていただきます。

87,000円⇒80,000円 (公開価格比:-11,000円)


にほんブログ村

さくら総合リート投資法人IPOのその情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ