世紀(6234)IPOの新規上場が承認されました。世紀IPOは、2月8日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定になっています。

※1月22日に新規上場の承認が取り消されました!

すでに新規承認されているCREロジスティクスファンド投資法人IPOREIT(リート)なので、世紀IPOは実質的な2018年一発目のIPOになります。

やや地味な事業内容の値がさ銘柄ではありますが、それでも新年早々にIPOが新規承認されて良い感じです。

世紀

世紀(東証マザーズIPO)IPOの基本情報

銘柄名世紀上場取消になりました
コード6234
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
岡三証券
極東証券
岡三オンライン証券
上場日2月8日
仮条件決定日1月22日
ブックビルディング期間1月23日から1月29日まで
公開価格決定日1月30日
申込期間1月31日から2月5日まで
公募260,200株
売出し195,200株
OA68,300株
吸収金額27.2億円
時価総額67.5億円
想定価格5,190円
初値価格上場取消


世紀IPO幹事のSMBC日興証券

世紀IPOの概要

世紀IPOは、熱可塑性プラスチックス射出成形用ランナレスシステム(ホットランナー)の製造及び販売を行っています。

また、世紀IPOはLSR&ゴムランナレスシステム「RUDIZ SYSTEM(ラディッツシステム)」の製造及び販売も行っています。

世紀IPOは、マザーズにしてはやや規模(吸収金額27.2億円)が大きく、想定価格も値がさ(5,190円)なのが気になります。

また、事業内容もIPOで人気とは言えませんが、とにもかくにも2018年一発目のIPOなのでそれなりに注目されると思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

世紀IPOのその他情報はこちら

注目の幹事証券

世紀IPOの幹事団には、CREロジスティクスファンド投資法人IPOで主幹事を務めているSMBC日興証券が名を連ねています。


SMBC日興証券

また、IPOの取扱銘柄数が毎年トップクラスのSBI証券も幹事団入りしています。


SBI証券

さらに、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と岡三証券も幹事団入りしているので、カブドットコム証券岡三オンライン証券の委託幹事入りも期待出来そうです。

世紀IPOの初値予想

世紀IPOの初値予想は、仮条件決定後(1月22日以降)に追記させていただきます。

-円

(※大手予想会社の初値予想第一弾:6,500円~7,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:7,000円~8,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング