世紀(6234)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の1月23日から始まります。世紀IPOは、リートIPOを除けば今年初のIPOなので、かなり注目されそうです。

※1月22日に新規上場の承認が取り消されました!

いよいよ今年のIPOがスタートします。毎年、年初一発目のIPOは値が跳ねやすいので、世紀IPOもそれなりに期待出来そうですね。

世紀

世紀(東証マザーズIPO)IPOの基本情報

銘柄名世紀上場取消になりました
コード6234
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
岡三証券
極東証券
岡三オンライン証券
上場日2月8日
仮条件決定日1月22日
ブックビルディング期間1月23日から1月29日まで
公開価格決定日1月30日
申込期間1月31日から2月5日まで
公募260,200株
売出し195,200株
OA68,300株
吸収金額27.2億円
時価総額67.5億円
想定価格5,190円
初値価格上場取消

世紀IPOの事業内容

世紀は、主に射出成形用ランナーレスシステムの製造販売を行っている企業です。ちなみに、射出成形とは高温・高速で溶融した樹脂を金型に射出して製品を得る手法のことです。

また、ランナーシステムとは射出成形加工の製造工程において、成形品には全く不必要なランナー(金型内で成形品の型となるキャビ(空洞部)までの溶融樹脂流路、またはその流路で副次的に産出される固形樹脂)を無くし、成形品のみを形成する金型内に組み込まれる合理化システムを指します。

用語が専門的で分かりにくいですが、ダッシュボード部品やヘッドライト部品などの自動車関連、ボトルキャップや収納用品などの日用品関連、エアコン部品やデジカメ部品などの家電関連など、幅広い業種で採用されているようです。

世紀IPOの業績

世紀の業績

(※画像クリックで拡大)

世紀IPOの業績は概ね順調に推移していて特に問題なさそうです。

世紀のIPO評価

世紀IPOは想定価格が5,190円と値がさで、規模も想定価格ベースで27.2億円とやや大きいため、需給面にやや不安がありますが、今年一発目のIPOということを考えると、難なくこなせそうです。

また、事業内容も地味ながら堅実な印象で、業績も堅調に推移していることから、一定の評価を得られそうです。

よって、世紀のIPO評価はBが妥当だと考えています。普段ならC評価が妥当な案件だと思いますが、今年のIPO第一弾なので、期待度や注目度も高まりそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

世紀IPOのその他情報はこちら

世紀IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

世紀IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。世紀IPOは値がさ(5,190円)だけに、地合い次第では大きな利益が得られそうなので、何とか当選したいですね。

世紀IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB参加
極東証券 口座なし
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ