船場(6540)IPOが、明日(19日)東証2部市場へ新規上場します。ZMP(7316)IPOが新規上場を延期したことは、他のIPO銘柄にとって追い風になるかと思いましたが、今のところIPOの地合いに水を差してしまったようです。

船場IPOは、もともと注目度が低かったうえに、IPOの地合も芳しくないため、かなり苦戦しそうな雰囲気です。また、同時上場する日本モーゲージサービスIPOに人気が集中しそうな点も懸念されますね。

船場

船場IPOの関連記事

船場IPOの抽選結果

船場IPOのBBスタンスとIPO評価

船場IPO上場直前の初値予想

1,230円 (公開価格比:-60円)

(※大手予想会社の初値予想:1,290円~1,400円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,290円)

※主幹事証券会社の引受価格:1,193.25円

船場IPO上場直前の初値予想は、当初の1,290円から1,230円に下方修正したいと思います。船場IPOは、良くも悪くも堅いイメージなので、公開価格を意識した初値形成になりそうです。

ただ、IPOの地合はやや冷めているので、公開価格を割れる可能性が高そうです。また、最悪の場合は、引受価格の1,193円付近で初値形成するかもしれません。


にほんブログ村

船場IPOのその他初値予想はこちら

船場IPO初値決定前の気配運用

シンシアIPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の2,967円で、更新値幅65円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は、公開価格比0.75倍の968円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、323円以上で5,160円以下となります。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社