SERIOホールディングス(6567)IPOの新規上場が承認されました。SERIOホールディングスIPOは、3月2日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定になっています。

SERIOホールディングスは、3月のIPO第一弾になります。3月は、例年通りならIPOラッシュになるはずなので、来週以降もIPOが次々と新規承認されそうですね。

SERIOホールディングス

SERIOホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名SERIOホールディングス
コード6567
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)大和証券
SMBC日興証券
みずほ証券
SBI証券
エース証券
岡三証券
岡三オンライン証券
上場日3月2日
仮条件決定日2月13日(1,700円~1,780円に決定)
ブックビルディング期間2月14日から2月20日まで
公開価格決定日2月21日
申込期間2月22日から2月27日まで
公募700,000株
売出し20,000株
OA108,000株
吸収金額14.7億円
時価総額53.4億円
想定価格1,780円
初値価格初値決定後に追記


SERIOホールディングスIPO幹事のSMBC日興証券

SERIOホールディングスIPOの概要

SERIOホールディングスIPOは、働くお母さんの仕事と家庭の両立を支援する「就労支援事業」として、人材派遣事業ブランド「sacaso(サカソ)」を立ち上げて事業を展開しています。

また、SERIOホールディングスIPOは子どもたちの成長をサポートする「放課後事業」と「保育事業」も行っています。

SERIOホールディングスIPOは、吸収金額が想定価格ベースで14.7億円とそこそこの規模ですが、昨年後半からの流れなら問題なくこなせそうです。

また、SERIOホールディングスIPOは子育て支援人材派遣といったテーマ性でも注目されそうなので、それなりに期待できると思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SERIOホールディングスIPOのその他情報はこちら

注目の幹事証券

SERIOホールディングスIPOの幹事団には、2月のIPO(リート含む)4銘柄中3銘柄で主幹事を務めているSMBC日興証券が名を連ねています。


また、2017年のIPO取扱銘柄数がNO.1だったSBI証券も幹事団入りしています。

さらに、岡三証券も幹事団入りしているので、岡三オンライン証券の委託幹事入りも期待出来そうです。←正式に決定しました!

SERIOホールディングスIPOの初値予想

SERIOホールディングスIPOの初値予想は、仮条件決定後(2月13日以降)に追記させていただきます。

3,560円 (想定価格比:+1,780円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,400円~3,800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,000円~3,400円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング