シェアリングテクノロジー(3989)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の7月19日から始まります。

8月のIPOは、今のところ2銘柄しか新規承認されていないので、シェアリングテクノロジーIPOの注目度も高まりそうです。

また、シェアリングテクノロジーIPOは単独上場で、トランザスIPOとも約1週間空いているため、日程にも恵まれていますね。

シェアリングテクノロジー

シェアリングテクノロジー(東証マザーズ及び名証セントレックスIPO)のIPO基本情報

銘柄名シェアリングテクノロジー
コード3989
主幹事証券大和証券
幹事証券SBI証券
香川証券
いちよし証券
みずほ証券
SMBC日興証券
マネックス証券
上場日8月3日
仮条件決定日7月14日(1,560円~1,600円に決定)
ブックビルディング期間7月19日から7月25日まで
公開価格決定日7月26日(1,600円に決定)
申込期間7月27日から8月1日まで
公募600,000株
売出し600,000株
OA180,000株
吸収金額21.5億円
想定価格1,560円
初値価格2,990円

シェアリングテクノロジーIPOの事業内容

シェアリングテクノロジーは、ライフサービス領域に関するバーティカルメディア(特化型メディア)サイトの運営を通じて、暮らしの中での「お困りごと」を抱えるユーザーと、生活に密着したサービスを提供する専門業者とのマッチングを中心としたWEB事業を展開している企業です。

売上の大半を占めるWEBマーケティングサービスでは、生活に関するお困りごとの解決を手助けするためのバーティカルメディア(特化型メディア)サイトを193サイト運営しています。

また、各バーティカルメディア(特化型メディア)サイトを統合した総合プラットフォームサイト「生活110番」も運営しています。

WEBコンサルティングサービスでは、WEBマーケティングサービスによって蓄積されたノウハウを活用し、依頼主から指定されたインターネットサイトに対して、SEO(検索エンジン最適化)対策などを行っています。

シェアリングテクノロジーIPOの業績

シェアリングテクノロジーの業績

(※画像クリックで拡大)

シェアリングテクノロジーIPOの売上は概ね順調そうで、利益も急激に伸びていますね。

シェアリングテクノロジーのIPO評価

シェアリングテクノロジーは、8月のIPO第一弾なので、かなり注目されそうです。しかし、シェアリングテクノロジーはやや規模(21.5億円)が大きく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も少し気になります。

ただ、シェアリングテクノロジーの事業内容はIPO向きで、業績も好調なため、それでも相当な人気を集めると思います。

よって、シェアリングテクノロジーのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。シェアリングテクノロジーIPOは、規模の大きさだけが気掛かりですが、それでも公開価格の2倍程度の初値が付くと予想しています。


にほんブログ村

シェアリングテクノロジーIPOのその他情報はこちら

シェアリングテクノロジーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

シェアリングテクノロジーIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込む予定です。

シェアリングテクノロジーIPOは、やや規模が大きいだけに当選枚数も多いので、主幹事の大和証券はもとより、平幹事のSBI証券マネックス証券なども期待出来そうです。

シェアリングテクノロジーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
香川証券 口座なし
いちよし証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
マネックス証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社