サインポスト(3996)IPOの仮条件が決定しています。サインポストIPOは、金融機関や公共機関向けのシステムコンサルティング事業や、AI(人工知能)を活用したイノベーション事業などを手掛けている企業です。

最近、三菱東京UFJ銀行などのメガバンクが、AI(人工知能)などを利用した単純業務の自動化によって、大規模なリストラを発表していることも、サインポストIPOにとっては追い風になりそうです。

サインポスト

サインポストIPOの関連記事

サインポストIPOのBBスタンスとIPO評価!小型なマザーズIPO!

むさし証券がサインポストIPOの取扱いを発表!

サインポストIPOの新規上場を承認!マザーズの小型IPO!

サインポストIPOの仮条件

2,000円~2,200円

サインポストIPOの仮条件は、想定価格の2,200円を上限に下方へ拡げたレンジになっています。

サインポストIPOは、当初から評価が高かったので、もっと強気の仮条件なると思っていましたが、わりとノーマルな設定ですね。


マネックス証券のIPOルール

サインポストIPOの初値予想

6,160円 (想定価格比:+3,960円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:4,600円~5,300円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:4,400円~5,100円)

サインポストIPOは、マザーズの小型(吸収金額7.8億円)IPOなので、間違いなく人気化すると思います。

さらに、サインポストIPOはフィンテックAI(人工知能)というテーマ性もあるため、初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

サインポストIPOのその他初値予想はこちら

サインポストIPOの幹事団

サインポストIPOの幹事団
主幹事証券 いちよし証券
幹事証券 大和証券
岡三証券
SMBCフレンド証券
エース証券
極東証券
マネックス証券
水戸証券
東洋証券
むさし証券
岡三オンライン証券

いちよし証券が主幹事を務めたSKIYAKI(3995)IPOは、かなり高い初値を付けましたが、サインポストIPOも負けず劣らずの高い初値が付きそうなので、何とかゲットしたいですね。

平幹事では、100%完全抽選のマネックス証券や、前受金不要の岡三オンライン証券むさし証券がオススメです。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社