シルバーライフ(9262)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の10月10日から開始されます。シルバーライフIPOは、テンポイノベーションIPOとの同時上場ですが、どちらもそこそこの規模なので、あまり神経質になる必要は無いと思います。

また、シルバーライフIPOは直近のウェルビーIPOなどから約3週間空いているため、それなりに注目されそうです。

シルバーライフ

シルバーライフ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名シルバーライフ
コード9262
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
いちよし証券
岡三証券
岩井コスモ証券
丸三証券
岡三オンライン証券
マネックス証券
上場日10月25日
仮条件決定日10月5日(2,300円~2,500円に決定)
ブックビルディング期間10月10日から10月16日まで
公開価格決定日10月17日(2,500円に決定)
申込期間10月18日から10月23日まで
公募500,000株
売出し150,000株
OA97,500株
吸収金額17.9億円
想定価格2,400円
初値価格4,630円

シルバーライフIPOの事業内容

シルバーライフは、一人暮らしや要介護の高齢者の方が、手間を掛けずに安心して食事が出来るように、高齢者向け配食サービスのフランチャイズ本部運営及びフランチャイズ加盟店等への調理済み食材の販売を主な事業としている企業です。

具体的には、高齢者向け配食サービスの「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」をフランチャイズ方式で運営しており、平成29年7月末現在、「まごころ弁当」367店舗、「配食のふれ愛」196店舗を全国展開しています。

また、シルバーライフは高齢者施設向け食材配送サービス「まごころ食材サービス」と、共同生活介護や自立訓練施設向けの調理済み食材配送サービス「まごころ食材サービス」も運営しています。

シルバーライフIPOの業績

シルバーライフの業績

(※画像クリックで拡大)

シルバーライフの業績は好調に伸びていて、今後の成長も期待出来そうです。

シルバーライフのIPO評価

シルバーライフが手掛ける高齢者向け配食サービスは、福祉介護といってテーマ性で注目されそうです。また、これからの高齢化社会に向けて、需要もますます高まると思います。

ただ、シルバーライフはテンポイノベーションとの同時上場で、規模(吸収金額17.9億円)もそれなりにあるため、需給面に優位性は感じられません。

よって、シルバーライフのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。シルバーライフIPOは、これからの社会に必要な事業を展開していて、業績も好調なため、公開価格をしっかりと上回る初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

シルバーライフIPOのその他情報はこちら

シルバーライフIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

シルバーライフIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。シルバーライフIPOは、主幹事のみずほ証券をはじめ、SMBC日興証券SBI証券など、ネットから申し込める証券会社が顔を揃えているので、幅広く申し込んで少しでも当選確率をアップさせたいと思います。

シルバーライフIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岡三証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
丸三証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ