シルバーライフ(9262)IPOの仮条件が決定しました。シルバーライフIPOは、テンポイノベーションIPOとの同時上場ですが、直近のIPOから約3週間ほど空いているため、需給面はそれほど悪くないと思います。

また、シルバーライフIPOは高齢者向け配食サービスという、これからの時代にマッチした事業内容でも注目されそうです。

シルバーライフ

シルバーライフIPOの関連記事

シルバーライフIPOのBBスタンスとIPO評価!マザーズIPO!

シルバーライフIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事!

シルバーライフIPOの仮条件

2,300円~2,500円

シルバーライフIPOの仮条件は、想定価格の2,400円を中間に挟んだノーマルなレンジになっています。

シルバーライフIPOは、当初からそれなりの評価を得ていたので、妥当な仮条件だと思います。

ちなみに、シルバーライフIPOの公開価格が仮条件の上限(2,500円)で決まると、吸収金額は17.9億円から18.7億円にアップしますが、今の地合いなら難なくこなせそうです。


SMBC日興証券のIPOルール

シルバーライフIPOの初値予想

4,500円 (想定価格比:+2,100円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,500円~4,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:4,000円~4,500円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:4,200円~4,800円)

シルバーライフIPOは、それなりの規模(吸収金額17.9億円)ですが、福祉介護というテーマ性で関心を集めそうです。

また、シルバーライフIPOは同時上場のテンポイノベーションIPOよりも人気を集めそうなので、公開価格の2倍に迫る初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

シルバーライフIPOのその他初値予想はこちら

シルバーライフIPOの幹事団

シルバーライフIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SMBC日興証券
SBI証券
いちよし証券
岡三証券
岩井コスモ証券
丸三証券
岡三オンライン証券

主幹事のみずほ証券は、このところのIPOで当選された方を良く見かけるので、今回も期待出来そうです。

また、IPO幹事常連のSMBC日興証券SBI証券、さらに前受金不要でIPO取扱銘柄数も急増中の岡三オンライン証券も要チェックです。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社