シンシア(7782)IPOのBB(ブックビルディング)が、今月末(11月30日)から(12月6日まで)スタートします。

シンシアIPOは、投資法人みらいIPOとの同時上場ですが、投資法人みらいはREIT(リート)IPOなので、あまり気にする必要は無いと思います。

また、シンシアIPOの主幹事はSBI証券なので、例のごとくIPOチャレンジポイントのボーダーラインや当選配分数などについて話題になりそうですが、ポイントを使う価値があるかは微妙ですね。

シンシア

シンシア(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名シンシア
コード7782
主幹事証券SBI証券
幹事証券東海東京証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
極東証券
東洋証券
日本アジア証券
マネックス証券
水戸証券
上場日12月16日
仮条件決定日11月28日(1,940円~2,100円に決定)
ブックビルディング期間11月30日から12月6日まで
公開価格決定日12月7日(2,100円に決定)
申込期間12月9日から12月14日まで
公募200,000株
売出し250,000株
OA50,000株
吸収金額10.5億円
想定価格2,100円


シンシアIPO主幹事のSBI証券

シンシアIPOの事業内容

シンシアグループは、シンシア及び連結子会社3社と非連結子会社2社で構成されており、コンタクトレンズの製造と販売を行っている企業です。

シンシアは、コンタクトレンズの中でも成長カテゴリーである、1日使い捨て、2週間交換、1ヶ月交換タイプといった使い捨てコンタクトレンズに注力し、自社ブランド「L-CON」シリーズを中心として事業を営んでいます。

さらに、シンシアは「L-CON POP」シリーズ、「Ultimate PEARL」シリーズ、「Select FAIRY」シリーズ、「Miche Bloomin’」シリーズ、「EYE BEAUTY」シリーズといった、数多くのおしゃれ用コンタクトレンズブランドを販売しています。

シンシアIPOの業績

シンシアの業績

(※画像クリックで拡大)

シンシアIPOの売上は、概ね順調に推移しているようですが、利益には波がありますね。

シンシアのIPO評価

シンシアIPOは、それほど規模(吸収金額10.5億円)が大きくないため、需給面への影響は小さそうです。ただし、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株は少し気になります。

また、コンタクトレンズ事業には一定の需要があると思いますが、これといった特徴は感じられず、新鮮味に欠ける印象です。

よって、シンシアのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。シンシアIPOは、初値が公開価格を上回る可能性は高そうですが、若干の利益が得られる程度と予想しています。


にほんブログ村

シンシアIPOのその他情報はこちら

シンシアIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

シンシアIPOのBB(ブックビルディング)は、前向きに参加するつもりです。特に、主幹事のSBI証券と100%完全抽選のマネックス証券は、チャンスがありそうなので、必ず申し込む予定です。

シンシアIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
東海東京証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
極東証券 口座なし
東洋証券 ネットでの取り扱い無し
日本アジア証券 口座なし
マネックス証券 BB参加
水戸証券 口座なし


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社