SKIYAKI(3995)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の10月10日から始まります。

SKIYAKI(スキヤキ)IPOは、ファンのためになるサービスをテクノロジーによって実現する「FanTech(Fan×Technology)」というキーワードで注目されています。

また、SKIYAKIは親会社がTSUTAYAを運営しているCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)ということでも関心を集めそうです。

SKIYAKI

SKIYAKI(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名SKIYAKI
コード3995
主幹事証券いちよし証券
幹事証券(委託含む)岡三証券
極東証券
マネックス証券
東洋証券
SBI証券
水戸証券
エイチ・エス証券
エース証券
岡三オンライン証券
むさし証券
上場日10月26日
仮条件決定日10月5日(3,200円~3,400円に決定)
ブックビルディング期間10月10日から10月16日まで
公開価格決定日10月17日(3,400円に決定)
申込期間10月19日から10月24日まで
公募160,000株
売出し272,600株
OA64,800株
吸収金額16.9億円
想定価格3,400円
初値価格初値決定後に追記

SKIYAKI(スキヤキ)IPOの事業内容

SKIYAKIは、ファンクラブ、グッズ、チケットの関連機能をワンストップで提供する「SKIYAKI EXTRA」を主力のプラットフォーム事業として展開しています。

「SKIYAKI EXTRA」の導入実績は、平成29年7月末時点で350サイトを超え、100万人以上の会員数を誇っています。

SKIYAKI EXTRAのサービスサイト数推移

(※画像クリックで拡大)

また、SKIYAKIはイラストや写真などの画像データをアップロードするだけで、オリジナルグッズを作成・販売できるオンデマンドグッズサービス「SKIYAKI GOODS」も運営しています。

SKIYAKIは、その他に映画・映像制作、旅行・ツアー事業、コンサート・イベント制作事業なども手掛けています。

さらに、SKIYAKIはエンターテインメント領域でのブロックチェーン技術の活用、AI(人工知能)技術の自社サービスへの応用、VR(仮想現実)技術を利用した360°リアルタイムVR LIVE配信事業にも取り組んでいます。

SKIYAKI(スキヤキ)IPOの業績

SKIYAKIの業績

(※画像クリックで拡大)

SKIYAKIの売上高は順調に伸びていて、経常利益も黒字転換しているので、これからの成長も期待出来そうです。

SKIYAKIのIPO評価

SKIYAKIは、エンターテインメントに特化した「FanTech」というユニークな事業内容で人気を集めそうです。

また、SKIYAKIは親会社のCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)だけでなく、大手プロダクションのアミューズ及びビーイングと資本・業務提携している点もプラス要素です。

さらに、SKIYAKIはブロックチェーンAI(人工知能)VR(仮想現実)といったテーマ性でも注目される可能性がありそうです。

よって、SKIYAKIのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。SKIYAKI(スキヤキ)IPOは、それなりの規模(吸収金額16.9億円)ですが、IPOで人気化しそうな事業内容なので、かなり高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SKIYAKI(スキヤキ)IPOのその他情報はこちら

SKIYAKI(スキヤキ)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

SKIYAKI(スキヤキ)IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。主幹事のいちよし証券は電話でしかBB(ブックビルディング)出来ませんが、前受金不要で口座数も少ないため、かなり期待しています。

また、100%完全抽選マネックス証券や、前受金不要岡三オンライン証券及びむさし証券も申し込み必須ですね。

SKIYAKI(スキヤキ)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
いちよし証券 (主幹事) BB参加
岡三証券 BB参加
極東証券 口座なし
マネックス証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
SBI証券 BB参加
水戸証券 口座なし
エイチ・エス証券 BB参加
エース証券 口座なし
岡三オンライン証券 BB参加
むさし証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ