ソフトバンクグループ(9984)が、携帯子会社のソフトバンクを上場させる方針と報じられました。まだ正式に発表されたわけではありませんが、実現すれば過去最大規模のIPOになりそうです。

ソフトバンク

ソフトバンクグループは15日までに、主力の携帯子会社ソフトバンク(東京)を上場させる方針を固めた。年内の上場を目指し、近く東証と本格的な調整に入る。

資金調達額は2兆円に達する可能性があり、実現すれば過去最大規模の新規株式公開(IPO)となる。調達資金は、財務体質強化や新規分野への投資に充てるとみられる。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

当然ながら、ソフトバンクグループは「正式決定ではない」とコメントを発表しています。ただ、火のない所に煙は立たないと思いますので、実現する可能性は大いにありそうです。

それにしても2兆円規模というのは凄いですね。過去最大規模のIPOだったNTTが約2.3兆円規模だったので、それに匹敵する規模ということになります。

ソフトバンクグループ(9984.T)は15日、子会社の携帯電話会社ソフトバンクが年内に株式上場するとの一部報道について、資本政策ではさまざまな選択肢を常に検討しており、同社の株式上場もその選択肢の一つだとしつつ、「(上場を)正式に進めることを決定した事実はない」とのコメントを発表した。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

報道では、年内の上場を目指すということなので、今年中にIPO新規上場出来るかは定かではありません。ただ、ソフトバンクがIPO新規上場するとなれば、郵政関連IPOのように多くの関心を集めることは間違いないと思います。

いずれにしても、ソフトバンクのような超大型なIPOでは、複数当選出来るかが勝負の分かれ目なので、正式発表されてから慌てないように、今から準備しておいた方が良さそうです。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社