スターアジア不動産投資法人(3468)IPOの新規上場が承認されました。スターアジア不動産投資法人は、4月20日に東証REIT(リート)市場へ新規上場する予定です。

スターアジア不動産投資法人は、2月17日に新規上場したラサールロジポート投資法人(3466)以来、久しぶりのリートIPOになります。

スターアジア不動産投資法人

スターアジア不動産投資法人(東証リートIPO)のIPO基本情報

銘柄名スターアジア不動産投資法人
コード3468
主幹事証券野村証券
幹事証券みずほ証券
SMBC日興証券
大和証券
上場日4月20日
仮条件決定日4月1日(90,000円~100,000円に決定)
ブックビルディング期間4月4日から4月7日まで
公募価格決定日4月11日(100,000円に決定)
公募235,900口
売出し0口
OA11,800口
吸収金額247.7億円
想定価格100,000円

スターアジア不動産投資法人IPOの概要

スターアジア不動産投資法人は、アメリカのStar Asia Groupが日本に設立した投資会社です。まだ詳しい情報が分からないのですが、ラサールロジポート投資法人(吸収金額1,098.5億円)と比べると、吸収金額247.7億円(想定価格ベース)というのは、約1/4位の規模になります。

また、幹事団のラインナップを見ると、ネットからBB(ブックビルディング)出来るのは、ラサールロジポート投資法人と同じく、みずほ証券とSMBC日興証券の2社になりそうです。

追記:大和証券もネットから申し込めるようです。

SMBC日興証券は、IPOで主幹事や幹事を務めることが多く、ネットからリートIPOにも申し込めるのでオススメの証券会社です。ただいま、ネットで口座開設キャンペーンを実施中!

スターアジア不動産投資法人IPOの初値予想

スターアジア不動産投資法人IPOの初値予想は、仮条件決定後(4月1日)に追記させていただきます。

104,500円 (想定価格比:+4,500円)


にほんブログ村

スターアジア不動産投資法人IPOのその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ