ストライク(6196)IPOの新規上場が承認されました。ストライクIPOは、6月21日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

6月21日は、すでにAWSホールディングスIPOが上場承認されているので、ストライクIPOは2社同時上場となってしまいました。

ストライク

ストライク(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ストライク
コード6196
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券SBI証券
岡三証券
丸三証券
極東証券
エース証券
上場日6月21日
仮条件決定日6月3日(2,940円~3,440円に決定)
ブックビルディング期間6月6日から6月10日まで
公募価格決定日6月13日(3,440円に決定)
申込期間6月14日から6月17日まで
公募166,000株
売出し61,500株
OA31,400株
吸収金額7.6億円
想定価格2,940円

ストライクIPOの概要

ストライクは、M&A(株式譲渡・事業譲渡・合併等の組織再編・資本提携等)の仲介業務及びこれに付随する業務を手掛けている企業です。

また、ストライクはインターネットを活用したM&Aサービス「SMART™」を運営することで、マッチングの可能性を爆発的に拡大しています。

ストライクは、吸収金額7.6億円(想定価格ベース)と小さめですが、AWSホールディングスとの同時上場という点が懸念材料ですね。

ストライクIPOの主幹事は、数多くのIPO銘柄を取り扱っているSMBC日興証券です。⇒(SMBC日興証券のIPOルールと詳細解説

また、ストライクIPOの幹事団には、AWSホールディングスの主幹事を務めるSBI証券が名を連ねています。⇒(SBI証券のIPOルールと詳細解説

また、他の証券より口座数が少なくて狙い目な丸三証券も押さえておきたいところです。⇒(丸三証券のIPOルールと詳細解説

↓SBI証券の無料口座開設はこちら↓

↓SMBC日興証券の無料口座開設はこちら↓

↓丸三証券の無料口座開設はこちら↓

ストライクIPOの初値予想

ストライクIPOの初値予想は、仮条件決定後(6月3日以降)に追記させていただきます。

6,800円 (想定価格比:+3,860円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:6,000円~7,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:6,900円~7,900円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:6,000円~7,000円)


にほんブログ村

ストライク(6196)IPOその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ