ストライク(6196)IPOの仮条件が決まりました。ストライクIPOと6月21日に同時上場するAWSホールディングスIPOは、どちらも初値高騰の可能性が高いので楽しみな銘柄です。

ストライク

ストライクIPOの基本情報

ストライクIPOのBBスタンスとIPO評価

ストライクIPOの新規上場を承認

ストライクIPOの仮条件

2,940円~3,440円

ストライクIPOの仮条件は、想定価格2,940円を下限とした超上振れ設定になっています。ストライクIPOは、当初から注目されていたので、ある程度強気の仮条件になるとは思っていましたが、ここまで上振れるとはちょっとビックリです。まあ、それだけ期待度が高いとも言えますね。

ストライクIPOの初値予想

6,800円 (想定価格比:+3,860円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:6,000円~7,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:6,900円~7,900円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:6,000円~7,000円)

ストライクIPOは、同時上場するAWSホールディングスIPOよりも規模(想定価格ベースで吸収金額7.6億円)は大きいですが、想定価格も高いために当選枚数は少なく、人気化することは間違いなさそうです。

ただ、ストライクIPOは公募価格が仮条件の上限で決まった場合、値がさなだけに初値が若干跳びにくくなる可能性はあります。しかし、ストライクIPOはそれでも大きな利益を得られると思うので、是非とも欲しい銘柄ですね。


にほんブログ村

ストライクIPOのその他初値予想はこちら

ストライクIPOの幹事団

ストライクIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 SBI証券
岡三証券
丸三証券
極東証券
エース証券


SMBC日興証券のIPOルールと詳細解説


SBI証券のIPOルールと詳細解説


丸三証券のIPOルールと詳細解説


IPO・新規公開株 ブログランキングへ