すららネット(3998)IPOのBB(ブックビルディング)が、月末の11月30日から開始されます。すららネットIPOは4社同時上場なので、多少なりとも資金分散の影響を受けそうです。

ただ、本日同時上場したクックビズIPOは初値形成後にストップ高、幸和製作所IPOポエックIPOは初日値付かずになったことから、投資家の初値買い意欲は相変わらず高そうなので、それでも何とかこなせそうな気もします。

さらに、すららネットIPOは規模(吸収金額5.3億円)が小さいので、本日初日値付かずになったポエックIPOのように、買いが集中するかもしれませんね。

すららネット

すららネット(東証マザーズIPO)IPOの基本情報

銘柄名すららネット
コード3998
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
大和証券
SBI証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
上場日12月18日
仮条件決定日11月28日(1,900円~2,040円に決定)
ブックビルディング期間11月30日から12月6日まで
公開価格決定日12月7日(2,040円に決定)
申込期間12月8日から12月13日まで
公募110,000株
売出し115,000株
OA33,700株
吸収金額5.3億円
想定価格2,040円
初値価格4,345円

すららネットIPOの事業内容

すららネットは、「教育に変革を、子どもたちに生きる力を。」を企業理念に掲げ、eラーニングによる教育サービスの提供と、その運用コンサルティングサービスの提供を行う事業を展開しています。

すららネットは、主に小学校・中学・高校生を対象としている学習塾や学校等に対して、オンライン学習教材「すらら」サービスの提供を行っています。

「すらら」サービスとは、小学校低学年から高校生の子どもたちが国語・数学・英語の3教科を、インターネットを通じてコンピューターで学ぶことができる「対話型アニメーション教材」です。

すららの対話型授業とは?

すららネットIPOの業績

すららネットの業績

(※画像クリックで拡大)

すららネットIPOの利益は綺麗な右肩上がりで、利益も好調に推移していて、何の問題も無さそうです。

すららネットのIPO評価

すららネットは、同時上場する4社の中で一番小型(吸収金額5.3億円)で、教育のICT化という国策ともマッチしていることから、かなりの人気を集めると思います。

ただ、すららネットは4社同時上場で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多いところが気になります。また、IPOラッシュによる買い疲れも出始めそうですね。

よって、すららネットのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。すららネットIPOは、VC(ベンチャーキャピタル)のロックアップが解除される公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

すららネットIPOのその他情報はこちら

すららネットIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

すららネットIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込む予定です。主幹事のみずほ証券はもとより、SMBC日興証券マネックス証券SBI証券など、平幹事も全て申し込むつもりです。

すららネットIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
大和証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
マネックス証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ