スシローグローバルホールディングス(3563)IPOの新規上場が承認されました。スシローグローバルホールディングスIPOは、3月30日に東証1部又は2部市場へ新規上場する予定です。

スシローは、2009年に上場を廃止していたので、実質的には再上場となります。現時点では、上場市場が東証1部か2部か決まっていませんが、この規模なら東証1部が濃厚です。⇒東証1部に決定しました。

スシローグローバルホールディングスIPOは、早ければ3月に再上場と報道されていましたが、その通りに滑り込んできましたね。

スシローグローバルホールディングス

スシローグローバルホールディングス(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名スシローグローバルホールディングス
コード3563
主幹事証券野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
UBS証券
SMBC日興証券
大和証券
幹事証券みずほ証券
メリルリンチ日本証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
SBI証券
丸三証券
松井証券
SMBCフレンド証券
東海東京証券
カブドットコム証券
ライブスター証券
上場日3月30日
仮条件決定日3月13日(3,600円~3,900円に決定)
ブックビルディング期間3月14日から3月17日まで
公開価格決定日3月21日(3,600円に決定)
申込期間3月22日から3月27日まで
公募0株
売出し19,123,100株
(国内:13,411,100株
海外:5,712,000株)
OA2,011,600株
吸収金額824.3億円
想定価格3,900円
初値価格3,340円

スシローグローバルホールディングスIPOの概要

スシローグローバルホールディングスIPOは、国内では「スシロー」ブランドにて直営方式による回転すし店を中心に展開し、海外では韓国で直営方式による回転すし店を展開しています。

現時点では、国内で450店舗以上を運営しており、誰もが知っている回転ずしチェーンなので、詳しい説明は不要ですね。

スシローグローバルホールディングスIPOの吸収金額は、想定価格ベースで824.3億円ですが、国内に限れば601.5億円になります。

また、全国農業協同組合、サントリー種類株式会社、株式会社極洋、マルハニチロ株式会社、日本ハム株式会社、スシローグローバルホールディングス従業員持株会に取得を要請するらしいので、それを除くと約520億円になります。

しかし、それでも十分に規模が大きく、想定価格(3,900円)も高めなので、かなり悩ましいIPOですね。


にほんブログ村

スシローグローバルホールディングスIPOのその他情報はこちら

スシローグローバルホールディングスIPOの共同主幹事には、IPO抽選組に人気のSMBC日興証券大和証券が名を連ねています。


SMBC日興証券

平幹事にも数多くの証券会社が顔を揃えていますが、規模が大きいだけに、マネックス証券松井証券丸三証券などが穴場になりそうです。


マネックス証券

スシローグローバルホールディングスIPOの初値予想

スシローグローバルホールディングスIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月13日以降)に追記させていただきます。

3,750円 (想定価格比:-150円)

(※大手予想会社の初値予想:3,900円~4,300円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング