スシローグローバルホールディングス(3563)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(3月14日)からスタートします。「スシロー」は超有名な回転ずしチェーンなので、普段は株式投資に興味がない方も注目しているようです。

ただ、スシローグローバルホールディングスは、大型な再上場IPOなので、苦戦しそうな雰囲気が漂っていますね。

スシローグローバルホールディングス

スシローグローバルホールディングス(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名スシローグローバルホールディングス
コード3563
主幹事証券野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
UBS証券
SMBC日興証券
大和証券
幹事証券みずほ証券
メリルリンチ日本証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
SBI証券
丸三証券
松井証券
SMBCフレンド証券
東海東京証券
カブドットコム証券
ライブスター証券
上場日3月30日
仮条件決定日3月13日(3,600円~3,900円に決定)
ブックビルディング期間3月14日から3月17日まで
公開価格決定日3月21日(3,600円に決定)
申込期間3月22日から3月27日まで
公募0株
売出し19,123,100株
(国内:13,411,100株
海外:5,712,000株)
OA2,011,600株
吸収金額824.3億円
想定価格3,900円
初値価格3,340円


スシローグローバルホールディングスIPO主幹事のSMBC日興証券

スシローグローバルホールディングスIPOの事業内容

スシローグローバルホールディングスは、「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯」を使命として、直営方式による回転ずし店「スシロー」を中心に事業を展開している企業です。

また、スシローグローバルホールディングスは、日本国内だけでなく、韓国でも直営方式による回転すし店を展開しています。

「スシロー」は、セントラルキッチンを経由しない店内調理や、ICチップ内蔵の皿を用いたビッグデータ分析及びITシステムを活用した効率的な店舗運営などにより、競争力のアップを図っています。

スシローグローバルホールディングスIPOの業績

スシローグローバルホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

スシローグローバルホールディングスIPOの業績は順調そうで、2017年9月期も増収増益の見込みになっています。

スシローグローバルホールディングスのIPO評価

スシローグローバルホールディングスは、規模(吸収金額824.3億円、国内約520億円)が大きく、IPOで人気になりにくい再上場案件なので、需給面が懸念されます。

また、想定価格(3,900円)が高いことや、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が目立つことも不安要素です。

さらに、年間3000 円分(半期1500 円分×2 回)の株主優待も設置されていますが、需給を押し上げるほどではありませんね。

スシローの株主優待

スシローの株主優待

よって、スシローグローバルホールディングスのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。スシローグローバルホールディングスは知名度抜群ですが、超大型、再上場、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株、やや値がさなど、懸念材料が多いため、公開価格を割れる可能性が高いと予想しています。


にほんブログ村

スシローグローバルホールディングスIPOのその他情報はこちら

スシローグローバルホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

スシローグローバルホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、今のことろ見送る予定です。ただ、毎度のことですが、SBI証券はIPOチャレンジポイント狙いで申し込むつもりです。

スシローグローバルホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB不参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB不参加
UBS証券 (主幹事) 口座なし
SMBC日興証券 (主幹事) BB不参加
大和証券 (主幹事) BB不参加
みずほ証券 BB不参加
メリルリンチ日本証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB不参加
マネックス証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
丸三証券 BB不参加
SMBCフレンド証券 BB不参加
東海東京証券 BB不参加
カブドットコム証券 BB不参加
ライブスター証券 BB不参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社