スシローグローバルホールディングス(3563)IPOの仮条件は発表されました。スシローグローバルホールディングスIPOは、規模の大きさもさることながら、想定価格(3,900円)の高さがネックですね。

回転すし全国チェーンの「スシロー」は知名度抜群ですが、それだけでどこまで買いが入るか微妙な印象です。

スシローグローバルホールディングス

スシローグローバルホールディングスIPOの関連記事

スシローグローバルホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価!大型な再上場IPO!

スシローグローバルホールディングスIPOの新規上場(再上場)を承認!

スシローグローバルホールディングスIPOの仮条件

3,600円~3,900円

スシローグローバルホールディングスIPOの仮条件は、想定価格の3,900円を上限に下方へ大きく拡げたレンジになっています。スシローグローバルホールディングスIPOは、需給面が懸念されていたので、少し弱気の仮条件も頷けます。

ただ、公開価格が仮条件の下限(3,600円)で決まっても、まだ高く感じてしまいますね。また、もし公開価格が仮条件の下限で決まるようならば、ますます需給面も不安視されます。

スシローグローバルホールディングスIPO主幹事のSMBC日興証券

SMBC日興証券のIPOルール

スシローグローバルホールディングスIPOの初値予想

3,750円 (想定価格比:-150円)

(※大手予想会社の初値予想:3,900円~4,300円)

スシローグローバルホールディングスIPOは、東証1部でほぼ決まりだと思いますが、それでもこの時期にこの規模(吸収金額824.3億円)は厳しそうです。

また、スシローグローバルホールディングスIPOは、人気化必至のユーザーローカルIPOとの同時上場なのもマイナス要素です。

さらに、スシローグローバルホールディングスIPOは、公募株ゼロの売出株のみなので、投資ファンドの出口案件に見えてしまうこともマイナスに働きそうです。

よって、スシローグローバルホールディングスIPOは、残念ながら公開価格を割れる可能性が高いと思います。


にほんブログ村

スシローグローバルホールディングスIPOのその他初値予想はこちら

スシローグローバルホールディングスIPOの幹事団

スシローグローバルホールディングスIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
UBS証券
SMBC日興証券
大和証券
幹事証券 みずほ証券
メリルリンチ日本証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
SBI証券
丸三証券
SMBCフレンド証券
東海東京証券
カブドットコム証券
ライブスター証券

スシローグローバルホールディングスIPOは当選枚数が多いので、どこからでも当選を狙えそうです。また、ライブスター証券が遂にIPOの取扱いを開始したので、この機会に口座開設しておくことをオススメします。




IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング