タカラレーベン・インフラ投資法人(9281)が、明日(6月2日)東証インフラファンド市場へ新規上場します。タカラレーベン・インフラ投資法人は、初めて東証インフラファンド市場へ新規上場する銘柄なので、どのような初値が付くか注目ですね。

タカラレーベン・インフラ投資法人

タカラレーベン・インフラ投資法人IPOの上場直前初値予想

107,000円 (公募価格比:+7,000円)

タカラレーベン・インフラ投資法人IPOの初値は、仮条件決定時に予想していた107,000円で据え置きたいと思います。タカラレーベン・インフラ投資法人は、東証インフラファンド市場の第一弾IPOなので、ご祝儀的な面も考慮して、公募価格をある程度上回る初値が付くと予想しています。


にほんブログ村

タカラレーベン・インフラ投資法人IPOのその他初値予想はこちら

タカラレーベン・インフラ投資法人IPO初値決定前の気配運用

気配上限値段は、公募価格比2.3倍の230,000円で、更新値幅は5,000円で更新時間10分になります。

気配下限値段は、公募価格比0.75倍の75,000円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、25,000円以上で400,000円以下となります。


東証インフラIPOは通常のIPOとは異なりますが、それにしても久々のIPOなので、公募価格をしっかりと上回る初値が付いて欲しいと思います。

話は変わりますが、LINEが7月にも東京証券取引所に上場するという記事が出ました。LINEが新規上場するとなると、かなりの大型IPOになると思いますので、今のうちから証券会社の口座数を増やしておくことをオススメします。⇒(IPO証券会社ランキング


SMBC日興証券のIPOルールと詳細解説


IPO・新規公開株 ブログランキングへ