ティビィシィ・スキヤツト(3974)IPOのBB(ブックビルディング)が、今日(12月7日)から(12月13日まで)始まります。

ティビィシィ・スキヤツトは、2016年最後のIPOとなりますが、終わり良ければ全て良しということで、良い結果を期待したいですね。

ティビィシィ・スキヤツト

ティビィシィ・スキヤツト(ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名ティビィシィ・スキヤツト
コード3974
主幹事証券SMBCフレンド証券
幹事証券SMBC日興証券
SBI証券
岡三証券
水戸証券
上場日12月27日
仮条件決定日12月5日(1,300円~1,400円に決定)
ブックビルディング期間12月7日から12月13日まで
公開価格決定日12月14日(1,400円に決定)
申込期間12月16日から12月21日まで
公募140,000株
売出し80,000株
OA30,000株
吸収金額3.4億円
想定価格1,340円


ティビィシィ・スキヤツトIPO幹事のSBI証券

ティビィシィ・スキヤツトIPOの事業内容

ティビィシィ・スキヤツトは、美容サロン向けICT事業を中心に、中小企業向けビジネスサービス事業や介護サービス事業も行っている企業です。

美容サロン向けICT事業では、主に美容サロン向けに開発したPOSレジ顧客管理システム「Sacla(サクラ)」と、美容ディーラー専用販売管理システム「i-SCAP EX」を販売しています。

中小企業向けビジネスサービス事業では、栃木県を中心に中小企業への経営支援を実践するために、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービス、人材サービス、ビジネスサービスを提供しています。

介護サービス事業では、「介護付き有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)」「短期入所者介護(ショートステイ)」「通所介護(デイサービス)」「居宅介護支援事業」を提供しています。

ティビィシィ・スキヤツトIPOの業績

ティビィシィ・スキヤツトの業績

(※画像クリックで拡大)

ティビィシィ・スキヤツトは、ジャスダックIPOだけあって、あまり成長性が感じられませんが、目立って悪いところもありませんね。

ティビィシィ・スキヤツトのIPO評価

ティビィシィ・スキヤツトIPOは、何と言っても規模(3.4億円)が小さいため、需給面で人気を集めそうです。

また、美容業界に特化している点には、あまり魅力を感じませんが、ICT介護というテーマは、一定の評価を得られそうです。

よって、ティビィシィ・スキヤツトのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ティビィシィ・スキヤツトは、極めて当選枚数が少なく、今年最後のIPOという点からも、公開価格を大幅に上回る初値が期待出来そうです。


にほんブログ村

ティビィシィ・スキヤツトIPOのその他情報はこちら

ティビィシィ・スキヤツトIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ティビィシィ・スキヤツトIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨む予定です。ただ、主幹事のSMBCフレンド証券は、まだ口座開設出来ていないので、間に合わないかもしれません。それでも、平幹事のSMBC日興証券SBI証券、岡三証券に微かな望みを託すつもりです。

ティビィシィ・スキヤツトIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBCフレンド証券 (主幹事) 口座なし
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB参加
水戸証券 口座なし


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社