テックポイント・インク(6697)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の9月12日から始まります。

テックポイント・インクIPOは、初の海外企業によるJDR(有価証券信託受益証券)上場銘柄として注目されています。

テックポイント・インクIPOは海外企業で、JDR(有価証券信託受益証券)も普通株式と異なるため、何かと悩ましい銘柄ですね。

ちなみに、JDR(有価証券信託受益証券)は受益権1口につき普通株式1株を表章するというもので、国内の株式と同様に売買することは出来ますが、受益権を原株式に交換して株主とならない限り、株主としての権利を行使することは出来ないというものです。

テックポイント・インク

テックポイント・インク(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名テックポイント・インク
コード6697
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)大和証券
SBI証券
上場日9月29日
仮条件決定日9月9日(620円~650円に決定)
ブックビルディング期間9月12日から9月15日まで
公開価格決定日9月19日(650円に決定)
申込期間9月20日から9月25日まで
公募1,520,000口
売出し0口
OA228,000口
吸収金額11.4億円
想定価格650円
初値価格1,072円

テックポイント・インクIPOの事業内容

テックポイント・インクは、米国カリフォルニア州サンノゼ市に事業の本拠を持ち、監視(防犯)カメラシステムと車載カメラシステム市場向け半導体の設計開発、マーケティング及び販売を行っているファブレス半導体企業です。

ちなみに、ファブレスとは自社工場を所有せず、外部製造会社に製造を委託するビジネスモデルのことです。半導体企業では、設備投資を削減して研究開発に専念するため、ファブレスが主流になっているようです。

テックポイント・インクは、従来のアナログケーブル(同軸ケーブル)を使いながらHD画質の映像伝送が可能な新技術「HD-TVI(HDトランスポートビデオインタフェース)」によって、監視カメラシステム市場や車載カメラシステム市場でシェアを伸ばしています。

テックポイント・インクIPOの業績

テックポイント・インクの業績

(※画像クリックで拡大)

テックポイント・インクIPOの業績は順調に推移していて、特に問題なさそうです。

テックポイント・インクのIPO評価

テックポイント・インクは、初の海外企業によるJDR(有価証券信託受益証券)なので、一般的なIPOと異なる点がやや警戒されそうな気がします。

また、半導体企業という点もIPOで人気になりにくい印象ですが、監視カメラや車載カメラはテロ対策などで需要の拡大が見込めそうです。

規模(吸収金額11.4億円)はさほど大きくなく、手の出しやすい想定価格(650円)ですが、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株や3社同時上場による資金分散の影響も考慮すると、需給面も良好とは言えません。

よって、テックポイント・インクのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。テックポイント・インクIPOは、規模や業績だけ見れば公開価格を多少上回りそうですが、全体的には分かりにくい部分も多いため、公開価格を割れる可能性もあると思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

テックポイント・インクIPOのその他情報はこちら

テックポイント・インクIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

テックポイント・インクIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中ですが、無理してまで申し込む必要はないと考えています。

ちなみに、主幹事のみずほ証券は想定価格が安いため、申込単位は200口になっています。また、SBI証券は抽選に外れればIPOチャレンジポイントが貰えるので、ポイント狙いで必ず申し込むつもりです。

テックポイント・インクIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) 検討中
大和証券 検討中
SBI証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ