テモナ(3985)IPOの新規上場が承認されました。テモナIPOは、4月6日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定になっています。

テモナは、4月のIPO第一弾になります。テモナは、3月のIPOラッシュから少し間をあけての新規上場なので、日程的には良い感じです。

テモナ

テモナ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名テモナ
コード3985
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券極東証券
エース証券
岩井コスモ証券
SBI証券
みずほ証券
マネックス証券
上場日4月6日
仮条件決定日3月21日(2,400円~2,550円に決定)
ブックビルディング期間3月22日から3月28日まで
公開価格決定日3月29日(2,550円に決定)
申込期間3月30日から4月4日まで
公募240,000株
売出し48,800株
OA43,300株
吸収金額8億円
想定価格2,400円
初値価格8,050円


テモナIPO主幹事のSMBC日興証券

テモナIPOの概要

テモナIPOは、ショッピングカート付き通販統合webシステム「たまごリピート」、オンラインでオフラインと同じような接客を実現するWeb接客システム「ヒアキアゲール」等、リピートITに特化したテクノロジーとサービスを提供しています。

さらに、テモナIPOはメディア事業として、オトナ女性の美容と健康マガジン「URARA」の配信も行っています。

テモナIPOは、今のところ単独上場で、吸収金額も想定価格ベースで8億円と小さいため、需給面は良好だと思います。

また、テモナIPOのホームページには、IoTビッグデータといったIPO向きのキーワードが並んでいるので、それなりの人気を集めそうですね。


にほんブログ村

テモナIPOのその他情報はこちら

テモナIPOの主幹事は、IPO投資家に人気のSMBC日興証券です。私は、SMBC日興証券で毎年IPOに当選しているので、個人的にとても期待しています。

テモナIPO主幹事のSMBC日興証券

SMBC日興証券

また、テモナIPOの幹事団には、大半のIPOで主幹事や幹事を務めているSBI証券、100%完全抽選で誰にでも平等に当選のチャンスがあるマネックス証券、IPO後期型で資金の少ない方にオススメの岩井コスモ証券が名を連ねています。


マネックス証券

テモナIPOの初値予想

テモナIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月21日以降)に追記させていただきます。

6,380円 (想定価格比:+3,980円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:4,500円~5,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:5,100円~5,900円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング