ティーケーピー(3479)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(3月8日)から開始されます。ティーケーピーは、IPOラッシュ中にもかかわらず、単独上場なのでスケジュールには恵まれています。

ただ、ティーケーピーIPOは想定価格(5,890円)が高く、IPOラッシュ終盤での上場なので、買い疲れや資金分散の影響は少なからずありそうです。

ティーケーピー

ティーケーピー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ティーケーピー
コード3479
主幹事証券野村證券
幹事証券大和証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
東海東京証券
岡三証券
藍澤證券
SMBCフレンド証券
SBI証券
カブドットコム証券
上場日3月27日
仮条件決定日3月7日(5,890円~6,060円に決定)
ブックビルディング期間3月8日から3月14日まで
公開価格決定日3月15日(6,060円に決定)
申込期間3月16日から3月22日まで
公募310,000株
売出し199,200株
OA76,300株
吸収金額34.5億円
想定価格5,890円
初値価格10,560円


ティーケーピーIPO幹事のSMBC日興証券

ティーケーピーIPOの事業内容

ティーケーピーは、法人向け貸会議室ビジネスを中心に、遊休不動産を有効活用して空間を再生し、そこに付加価値を加えた快適な「場」「空間」「時間」を創出する空間再生流通事業を展開している企業です。

貸会議室ビジネスでは、不動産オーナーから遊休不動産もしくは稼働率の低い不動産を借り受け、貸会議場としてリニューアルし、主にポータルサイト「TKP貸会議場ネット」を集客ツールとして、貸会議室管理運営を行っています。

また、ティーケーピーの貸会議室ビジネスは、東京23区を含む国内の大都市圏にとどまらず、ニューヨーク、香港、シンガポールなどの海外へも展開しています。

さらに、ティーケーピーはオプションサービスとして、テレビ会議システム等の備品レンタルや、料飲サービス及び宿泊サービスなども行っています。

ティーケーピーIPOの業績

ティーケーピーの業績

ティーケーピーIPOの売上高は、綺麗な右肩上がりで伸びており、利益も概ね順調に推移していますね。

ティーケーピーのIPO評価

ティーケーピーは、吸収金額が想定価格ベースで34.5億円と大きく、想定価格自体も5,890円と値がさなので、需給面にやや不安があります。

ただ、貸会議室ビジネスはユニークで、業績も好調なことから、事業内容は一定の評価を得られそうです。

よって、ティーケーピーのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。ティーケーピーは、地合に大きく左右されそうですが、現時点では、公開価格をある程度上回る可能性が高そうです。


にほんブログ村

ティーケーピーIPOのその他情報はこちら

ティーケーピーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ティーケーピーIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ積極的に参加するつもりです。ティーケーピーIPOは、当選枚数が少ないため、主幹事の野村證券を中心に、相性の良いSMBC日興証券大和証券などにも申し込んで、当選を目指したいと考えています。

ティーケーピーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
東海東京証券 BB検討中
岡三証券 BB検討中
藍澤證券 口座なし
SMBCフレンド証券 ネット口座での取扱いなし
SBI証券 BB参加
カブドットコム証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社