ティーケーピー(3479)IPOは、3月に新規上場するIPOの中でも、一番の値がさで注目されている銘柄です。主幹事の野村證券前受金不要なので、こういう値がさIPOの時には本当に有難いですね。

ただ、野村證券BB(ブックビルディング)の締め切りが一日早いので、申し込む時には気を付けて下さい。

ティーケーピー

ティーケーピーIPOの関連記事

ティーケーピーIPOのBBスタンスとIPO評価!業績は好調!

ティーケーピーIPOの新規上場を承認!値がさのマザーズIPO!

ティーケーピーIPOの仮条件

5,890円~6,060円

ティーケーピーIPOの仮条件は、想定価格の5,890円を下限に上方へ拡げたレンジになっています。もともと値がさなうえに、公開価格が仮条件の上限(6,060円)で決まると、さらに値がさになってしまいます。

また、公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額も34.5億円から35.5億円にアップするので、やはり少し重く感じますね。

ティーケーピーIPO幹事のSMBC日興証券

SMBC日興証券のIPOルール

ティーケーピーIPOの初値予想

6,780円⇒9,000円 (公開価格比:+2,940円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:6,000円~7,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:6,060円~6,700円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:6,400円~7,000円)

(※大手予想会社の初値予想第四弾:6,900円~7,500円)

ティーケーピーIPOは、値がさで規模(吸収金額34.5億円)が大きいため、ややリスクも高めです。ただ、貸会議室を中心とした空間再生流通事業はユニークで、業績も好調なことから、地合が悪化しなければ、公開価格を上回る初値が期待出来そうです。


にほんブログ村

ティーケーピーIPOのその他初値予想はこちら

ティーケーピーIPOの幹事団

ティーケーピーIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 大和証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
東海東京証券
岡三証券
藍澤證券
SMBCフレンド証券
SBI証券
カブドットコム証券

ティーケーピーIPOは当選枚数が少ないため、資金が少ない方は、主幹事の野村證券だけでも良いと思います。その他では、抽選配分比率が高めのSBI証券大和証券がオススメです。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング