トランザス(6696)IPOの新規上場が承認されました。トランザスIPOは、8月9日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

トランザスIPOの主幹事は、珍しくいちよし証券が務めることになっています。8月は、トランザスIPOが2銘柄目の新規上場になりますが、今週中にもう1銘柄くらい新規承認されて欲しいですね。

トランザス

トランザス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名トランザス
コード6696
主幹事証券いちよし証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
エース証券
マネックス証券
極東証券
水戸証券
むさし証券
楽天証券
上場日8月9日
仮条件決定日7月20日(1,240円~1,300円
ブックビルディング期間7月24日から7月28日まで
公開価格決定日7月31日(1,300円に決定)
申込期間8月2日から8月7日まで
公募380,000株
売出し360,000株
OA100,000株
吸収金額10.9億円
想定価格1,300円
初値価格3,510円


トランザスIPO幹事のSBI証券

トランザスIPOの概要

トランザスIPOは、IoT端末や機器装置の製造販売及びシステム・サービスの提供を行っている企業です。

主要製品のウェアラブルデバイス「Cygnus(シグナス)」は、業界毎の異なる要件にも対応できるように、各種ラインナップを取り揃えており、要望に応じた機能を搭載することが出来るようです。

また、トランザスIPOは業務システムの受託開発やメンテナスサービスの提供とターミナル(端末・コンピュータ機器等)の導入支援も行っています。

トランザスIPOは、さほど規模(吸収金額10.9億円)が大きくなく、IoTというテーマ性もあるため、かなりの人気を集めそうです。


にほんブログ村

トランザスIPOのその他情報はこちら

オススメの幹事証券

トランザスIPOの幹事団には、IPOチャレンジポイントでも当選が狙えるSBI証券が名を連ねています。


SBI証券

また、100%完全抽選でIPO抽選組に人気のあるマネックス証券も幹事団入りしています。


マネックス証券

その他、IPOで前受金が不要に変更されたむさし証券も要チェックです。⇒(むさし証券のIPOが前受金不要に変更!

トランザスIPOの初値予想

トランザスIPOの初値予想は、仮条件決定後(7月20日以降)に追記させていただきます。

3,900円 (想定価格比:+2,600円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,800円~3,200円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,600円~3.000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング