トランザス(6696)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の7月24日からスタートします。トランザスIPOは、8月お盆前最後のIPOなので、いやがうえにも注目されそうです。

主幹事のいちよし証券は、ソウルドアウトIPOに当選された方が目に付いたので、トランザスIPOへの期待度も高まりますね。

トランザス

トランザス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名トランザス
コード6696
主幹事証券いちよし証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
エース証券
マネックス証券
極東証券
水戸証券
むさし証券
楽天証券
上場日8月9日
仮条件決定日7月20日(1,240円~1,300円
ブックビルディング期間7月24日から7月28日まで
公開価格決定日7月31日(1,300円に決定)
申込期間8月2日から8月7日まで
公募380,000株
売出し360,000株
OA100,000株
吸収金額10.9億円
想定価格1,300円
初値価格3,510円

トランザスIPOの事業内容

トランザスは、IoT端末や機器装置(ターミナル)の製造販売及びそれを利用したシステム・サービスの提供やメンテナンスまでをワンストップで行っています。

IOTソリューションサービスでは、STBデジタルサイネージウェアラブルデバイスなど、自社デザインのターミナル(端末)及びシステムを開発し、ホテル、官公庁、娯楽施設、工場など、様々な分野に提供しています。

ウェアラブルデバイスCygnus~居酒屋オーダー端末としての利用例~

IT業務支援サービスでは、業務システムの受託開発・メンテナスサービスの提供とターミナル(端末・コンピュータ機器等)の導入支援及びメンテナンスを行っています。

トランザスIPOの業績

トランザスの業績

(※画像クリックで拡大)

トランザスIPOの業績は全般的に好調そうです。ただ、やや頭打ちといった感もあるところが少し気になります。

トランザスのIPO評価

トランザスは、規模(吸収金額10.9億円)が小さめで、IoTというIPO向きのテーマ性もあるため、かなりの人気を集めると思います。

また、トランザスはマザーズ市場への単独上場で、今のところその後のIPOが新規承認されていないこともプラス要素です。

よって、トランザスのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。トランザスIPOは、需給面が極めて良好なことから、初日値付かずも想定される強い初値形成になると予想しています。


にほんブログ村

トランザスIPOのその他情報はこちら

トランザスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

トランザスIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。

主幹事のいちよし証券は電話でしかBB(ブックビルディング)出来ないので面倒ですが、その分だけ少し当選確率もアップすると思うので期待しています。

また、IPO幹事常連のSBI証券マネックス証券、前受金が不要になったむさし証券も外せませんね。

トランザスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
いちよし証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
エース証券 口座なし
マネックス証券 BB参加
極東証券 口座なし
水戸証券 口座なし
むさし証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社