うるる(3979)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の2月28日から始まります。うるるIPOは、ほぼ日IPOとの同時上場となります。

うるるIPOからは、多くの銘柄のBB(ブックビルディング)期間が重なってくるので、資金管理が重要になってきますね。

うるる

うるる(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名うるる
コード3979
主幹事証券野村證券
幹事証券SMBC日興証券
大和証券
みずほ証券
いちよし証券
エース証券
丸三証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
岡三証券
上場日3月16日
仮条件決定日2月27日(2,840円~3,000円に決定)
ブックビルディング期間2月28日から3月6日まで
公開価格決定日3月7日(3,000円に決定)
申込期間3月8日から3月13日まで
公募250,000株
売出し1,025,800株
OA191,300株
吸収金額41.7億円
想定価格2,840円
初値価格3,330円


うるるIPO幹事のSMBC日興証券

うるるIPOの事業内容

うるる(ULURU)は、クラウドワーカーという新しい労働力を活用して、今までにない価値を提供する「CGS事業」、CGSを創出するクラウドワーカーのプラットフォームである「クラウドソーシング事業」、CGSを生み出すために顧客ニーズと市場トレンドをつかむアンテナ役である「BPO事業」を展開しています。

ちなみに、CGSとは(Crowd Generated Service)の頭文字をとった造語で、クラウドワーカーを活用した事業のことです。

代表的なCGSである入札情報速報サービス「NJSS」では、官公庁や公的機関のサイトに公示されている入札案件を、NJSSスタッフが目視・手作業(一部プログラム収集)で収集を行い、NJSS上に情報掲載してユーザーに提供しています。

うるる(ULURU)はその他にも、クラウドワーカーと企業のお仕事マッチングサイト「シュフティ」、「満足できる園探し、安心できる園生活をサポートする「園ナビ」、幼稚園・保育園向け写真販売システム「園ナビフォト」、空き家問題を解決する「空き家活用ポータル」など、様々なサービスを提供しています。

うるるIPOの業績

うるるの業績

(※画像クリックで拡大)

うるるIPOの売上高は、概ね順調に推移していますが、利益はようやく黒字転換が見えてきたところですね。

うるる(ULURU)のIPO評価

うるる(ULURU)は、やはり売出株の多さ(公募株の約4倍)が一番気になります。また、うるる(ULURU)は、規模(吸収金額41.7億円)が大きいため、資金分散の影響も大きそうです。

ただ、うるる(ULURU)のクラウドワーカーを活用したビジネスモデルは、クラウド関連として一定の評価を得られそうです。

よって、うるる(ULURU)のIPO評価は、Cが妥当だと考えています。うるるIPOは、規模の大きさが懸念材料ですが、それでも公開価格をやや上回る可能性が高そうです。


にほんブログ村

うるるIPOのその他情報はこちら

うるるIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

うるるIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加するつもりです。特に、主幹事の野村證券は、前受金が不要なので、ありがたいですね。

また、平幹事の中では、SMBC日興証券マネックス証券は押さえておきたいところです。

うるるIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
大和証券 BB検討中
みずほ証券 BB検討中
いちよし証券 BB不参加
エース証券 口座なし
丸三証券 BB検討中
マネックス証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB検討中
岡三証券 BB不参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社