うるる(3979)IPOの仮条件が発表されました。うるるIPOは、クラウドというテーマ性に魅力を感じます。ただ、規模(吸収金額41.7億円)が大きいため、需給面には不安があります。

また、前日に新規上場するファイズIPOや、同時上場のほぼ日IPOの方が人気を集めそうなので、資金分散の影響も大きそうです。

うるる

うるるIPOの関連記事

うるるIPOのBBスタンスとIPO評価!クラウド関連IPO!

うるるIPOの新規上場を承認

うるるIPOの仮条件

2,840円~3,000円

うるるIPOの仮条件は、想定価格の2,840円を下限とした強めのレンジになっています。うるるIPOは、それほど前評判が高くなかったので、想定価格を挟むか上限にしたレンジになると思っていましたが、ここまで強気の仮条件になるとは予想外でした。

ちなみに、うるるIPOの想定価格が仮条件の上限(3,000円)で決まると、吸収金額は41.7億円から44億円にアップするので、ますます重く感じますね。

うるるIPO幹事のSMBC日興証券

SMBC日興証券のIPOルール

うるるIPOの初値予想

3,050円 (想定価格比:+210円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,940円~3,200円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,000円~3,300円)

うるるIPOは、CGS事業(クラウドワーカーを活用した事業)の中心である入札情報速報サービス「NJSS」に競争優位性があることなどが評価されて、仮条件が上振れたようです。

したがって、事業内容は一定の評価を得られそうですが、やはり40億を超える規模の大きさと売出株の多さが懸念されます。よって、うるるIPOの初値は公開価格を多少上回る程度と予想しています。


にほんブログ村

うるるIPOのその他初値予想はこちら

うるるIPOの幹事団

うるるIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 SMBC日興証券
大和証券
みずほ証券
いちよし証券
エース証券
丸三証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
岡三証券

うるるIPOは規模が大きいだけあって、数多くの証券会社が幹事団に名を連ねています。中でも、主幹事の野村證券、IPO投資家に人気のSMBC日興証券大和証券、100%完全抽選のマネックス証券などは、当選のチャンスが大きそうです。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社