ユナイテッド&コレクティブ(3557)IPOのBB(ブックビルディング)が、2月8日から始まります。主幹事のSMBC日興証券は、個人的に相性の良い方なので、かなり期待しています。

ユナイテッド&コレクティブIPOは、人気になりにくい飲食業ですが、小型なマザーズIPOなので、需給面で関心を集めそうですね。

ユナイテッド&コレクティブ

ユナイテッド&コレクティブ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ユナイテッド&コレクティブ
コード3557
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券大和証券
いちよし証券
SBI証券
岡三証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
上場日2月23日
仮条件決定日2月7日(1,400円~1,620円に決定)
ブックビルディング期間2月8日から2月14日まで
公開価格決定日2月15日(1,620円に決定)
申込期間2月16日から2月21日まで
公募228,500株
売出し30,000株
OA38,700株
吸収金額4.2億円
想定価格1,400円
初値価格4,500円


ユナイテッド&コレクティブIPO主幹事のSMBC日興証券

ユナイテッド&コレクティブIPOの事業内容

ユナイテッド&コレクティブは、東京23区を中心とした首都圏で飲食事業を行っており、鶏料理居酒屋「てけてけ」、ハンバーガーカフェ「the 3rd Burger」、創業ブランドである和食「」の3ブランドを、直営方式で店舗展開しています。

また、ユナイテッド&コレクティブは、「ISP(In Store Preparation)」を戦略の根幹とした事業展開を行っています。

ちなみに、「ISP(In Store Preparation)」とは、各店で仕込み調理を行うことにより、フレッシュで安心・安全な圧倒的に高い品質の料理を提供することです。

ユナイテッド&コレクティブIPOの業績

ユナイテッド&コレクティブの業績

(※画像クリックで拡大)

ユナイテッド&コレクティブIPOの売上高は、理想的な右肩上がりで、利益の伸びも良さそうですね。

ユナイテッド&コレクティブのIPO評価

ユナイテッド&コレクティブIPOは、規模(吸収金額4.2億円)が小さくて当選枚数も少ないため、需給面で人気化しそうです。

また、ユナイテッド&コレクティブIPOは、業績好調でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株が見当たらい点もプラス要素です。

よって、ユナイテッド&コレクティブのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。飲食業は、IPOで人気になりにくい面もありますが、当選枚数が少なくて希少性があるので、公開価格の2倍前後は狙えそうです。


にほんブログ村

ユナイテッド&コレクティブIPOのその他情報はこちら

ユナイテッド&コレクティブIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ユナイテッド&コレクティブIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。

主幹事のSMBC日興証券を中心に、落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券、IPO後期型の岩井コスモ証券、100%完全抽選のマネックス証券など、幅広く申し込んで、少しでも当選確率をアップさせたいと思います。

ユナイテッド&コレクティブIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
マネックス証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社