ユーザーローカル(3984)IPOのBB(ブックビルディング)が、本日(3月14日)からスタートしました。ユーザーローカルは、ビッグデータ・AI関連のマザーズIPOなので、人気化必至の銘柄です。

ユーザーローカルIPOは、これから新規上場する銘柄の中でも、一番期待出来そうなので、是非とも当選したいですね。

ユーザーローカル

ユーザーローカル(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ユーザーローカル
コード3984
主幹事証券大和証券
幹事証券みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
上場日3月30日
仮条件決定日3月10日(2,780円~2,940円に決定)
ブックビルディング期間3月14日から3月21日まで
公開価格決定日3月22日(2,940円に決定)
申込期間3月23日から3月28日まで
公募205,000株
売出し200,000株
OA60,700株
吸収金額13.3億円
想定価格2,860円
初値価格12,500円


ユーザーローカルIPO幹事のSMBC日興証券

ユーザーローカルIPOの事業内容

ユーザーローカルは「データで世界を進化させる」という経営理念のもと、ビッグデータ(大量のデジタル情報)を収集し、データ解析するためのプラットフォームの提供を主な事業としています。

また、ユーザーローカルは企業のデジタルマーケティングデータと、SNS上の大量データの分析により、企業の経営やマーケティングの意思決定を支援しています。

さらに、ユーザーローカルはAI(人工知能)を使い、より高速かつ高精度な分析、データ活用ができるようにシステムの強化を図っています。

具体的には、ユーザーエクスペリエンスを測定するWeb解析ツール「User Insight」、FacebookやTwitter等のソーシャルメディア運用を支援する企業向け管理・解析ツール「Social Insight」、ニュースサイト等のメディアに特化した記事コンテンツ分析ツール「Media Insight」の提供を行っています。

ユーザーローカルIPOの業績

ユーザーローカルの業績

(※画像クリックで拡大)

ユーザーローカルIPOの業績は、理想的な右肩上がりで堅調に推移しており、今後にも期待出来そうですね。

ユーザーローカルのIPO評価

ユーザーローカルは、ビッグデータAIというIPO向きのテーマ性があるため、間違いなく人気を集めそうです。

また、ユーザーローカルの規模(吸収金額13.3億円)は、小型とは言えないまでも、さほど大きくなく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株にも180日間のロックアップがかかっているので、需給面も良好です。

よって、ユーザーローカルのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ユーザーローカルは、初値高騰の条件が揃っており、これといった欠点も見当たらないため、公開価格の2倍以上の初値が付くと予想しています。


にほんブログ村

ユーザーローカルIPOのその他情報はこちら

ユーザーローカルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ユーザーローカルIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込む予定です。ユーザーローカルIPOの幹事証券は少ないので、主幹事の大和証券をはじめ、平幹事のSMBC日興証券SBI証券みずほ証券にも漏らさず申し込んで、少しでも当選のチャンスを増やしたいと思います。

ユーザーローカルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社