ユーザーローカル(3984)IPOは、3月のIPOの中でも期待度が高く、初値高騰間違いなしの銘柄です。

ユーザーローカルIPOは、まだBB(ブックビルディング)期間中ですが、もし当選出来たら大きな利益が得られそうなので、抽選日が待ち遠しいですね。

ユーザーローカル

ユーザーローカルIPOの関連記事

ユーザーローカルIPOのBBスタンスとIPO評価!人気化必至です

ユーザーローカルIPOの新規上場を承認!ビッグデータ関連IPO

ユーザーローカルIPOの仮条件

2,780円~2,940円

ユーザーローカルIPOの仮条件は、想定価格の2,860円を挟んでノーマルなレンジになっています。ユーザーローカルIPOは、もともと想定価格が高めなので、ちょうど良い仮条件だと思います。

ちなみに、ユーザーローカルIPOの公開価格が仮条件の上限(2,940円)で決まると、吸収金額は13.3億円から13.7億円にアップしますが、全く問題ないですね。

ユーザーローカルIPO幹事のSMBC日興証券

SMBC日興証券のIPOルール

ユーザーローカルIPOの初値予想

9,400円 (想定価格比:+6,540円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:6,000円~7,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:5,900円~6,800円)

ユーザーローカルIPOは、そこそこの規模(吸収金額13.3億円)ですが、AI(人工知能)ビッグデータというテーマ性があり、業績も好調なので、全く問題ないと思います。

また、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株に180日間のロックアップが掛かっているのも好材料です。

ユーザーローカルIPOは、ほぼ死角のないプラチナチケットなので、初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。


にほんブログ村

ユーザーローカルIPOのその他初値予想はこちら

ユーザーローカルIPOの幹事団

ユーザーローカルIPOの幹事団
主幹事証券 大和証券
幹事証券 みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券

ユーザーローカルIPOの主幹事は大和証券なので、IPO抽選組にも当選のチャンスがありそうです。また、当選確率は低くなりますが、申し込まなければ当たらないので、SMBC日興証券などの平幹事も押さえておきたいですね。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング